アシスタントのグラフィックデザイナー

アシスタントデザイナーの仕事とは

グラフィックデザイナーを目指す未経験の人が、まず見習いとして働くのがアシスタントの仕事です。

広告代理店や制作会社において、先輩のグラフィックデザイナーの指示に従って仕事のサポートをするのがメインになります。

仕事の内容は会社によって異なりますが、最初は雑用ばかりだと思っておいた方がいいでしょう。

具体的には、原稿の受け渡しや校正作業、資料探しなどの本来のデザイナー補助にあたる仕事の他、コピーや消耗品の買い出し、来客時のお茶出し、スタッフのコーヒー入れ、洗い物などの雑務も受け持つことになります。

デザイン力やパソコンスキルは先輩に教わって習得するというよりも、先輩の実務を見て学ぶ面が大きいでしょう。

仕事に慣れてくると、案件に直接かかわらない会社の名刺や年賀状などからデザインの実務をスタートすることが多いようです。

次にチャレンジできる可能性が高いのが、社内コンペ作品。

何案か提出する必要がある案件について、デザイナーに混じってアシスタントも作品を制作し、社内コンペでクオリティが認められれば正式な1案としてクライアントへ提案されます。

このような実務を通じて実力と経験が伴ってくれば、グラフィックデザイナーとして一人立ちする道が待っています。

アシスタントデザイナーになるには

グラフィックデザイナーを目指すための足がかりとなるアシスタントの求人。

学歴や経験は問わないことが多いですが、デザイン系の専門学校を卒業している人は歓迎され、給与面でも優遇されることがあります。

年齢制限は雇用対策法により禁止されているため求人記事には記載されていませんが、先輩デザイナーが仕事を頼んだりアドバイスしたりしやすいことを考慮すると、せいぜい30歳前後までと考えた方がいいでしょう。

経験を問わないといってもIllustratorとPhotoshopのスキルは必須である場合が多いため、自分の考えたデザインを思い通り形にするくらいの腕は必要になります。

仕事体験談