アルバイトのグラフィックデザイナー

アルバイトの求人を出す企業とは?

グラフィックデザイナーの雇用形態は正社員、契約社員が大半のですが、アルバイトの求人を出す企業も意外に多いことをご存知でしょうか?

ここでどんな企業がアルバイトのデザイナーを求めているのかをご紹介します。

小規模のメーカー

少人数で運営されているキャラクターグッズメーカーなどの場合、商品企画から製造、販売まで自社で手がけることが多くあります。

このような企業ではデザインを外注するほどの予算はなく、かといって常勤のデザイナーを雇うほどの仕事量があるわけでもありません。

そこでアルバイトのデザイナーを募集し、必要な時に仕事を依頼するという形をとるパターンが多く見受けられます。

小規模のデザイン事務所

少数精鋭のデザイン事務所や制作プロダクションの場合、「社員を増やすつもりはないが繁忙期には猫の手も借りたい」といったニーズでアルバイトを求めることが多いようです。

運良く能力が高いアルバイトさんに巡り会うと、会社側から社員登用のお誘いがかかることもあります。

派遣会社

早朝や深夜なども稼動しているようなメーカーや印刷会社の依頼を受け、派遣会社がグラフィックデザイナーのアルバイトを募集することはよくあります。

「3交代制」や「短時間勤務OK」といった売り文句の求人広告で、さまざまな時間帯に対応できる人材を募っているのが特長です。

アルバイトで働くメリット、デメリット

メリット

厳しい広告業界では、労働条件の悪さから会社を辞めてしまう人も大勢います。

その点、時給制のアルバイトなら働いた分の給料がもらえるため、「割に合わない」という問題からは開放されることが一番の利点だといえるでしょう。

また、独立準備中やフリーランスで稼ぎが足りない時にも気軽に働けることもメリットの1つです。

デメリット

即戦力として使えなければ始まらないため、アルバイトとはいえ意外に高いスキルを求められます。

またアルバイトの場合、仕事の内容はデザイン提案よりオペレーション寄りになってしまうため、大きなやりがいは感じられないかもしれません。

仕事体験談