男子の有名プロゴルファー

「世界の青木」と呼ばれた青木功

日本の有名なプロゴルファーといえば、1980年代に揃って活躍し、「AON」と並び称された青木功、尾崎将司、中嶋常幸の3人でしょう。

青木功は、戦争中の1942年、千葉県我孫子市で生まれました。中学を卒業すると、ゴルフ場へキャディとして就職します。

キャディをしながら、ゴルフの練習を続け、21歳の時、2回目の受験でプロテストに合格しました。

ゴルフに取り組む姿勢を改めて才能が開花

プロになった当初は、あまり勝てませんでしたが、プロ12年目で、ようやく日本ツアーの賞金王に輝きます。そして、技術的に安定した15年目からは4年連続で賞金王に輝き、日本のトッププロとなりました。

プロ生活が10年を過ぎてから、急に強くなったのは、当時、巨人の人気選手だった王貞治と親しくなり、その懸命に努力する姿を見て、ゴルフに取り組む姿勢を改めたからでした。

プロ16年目の1980年、全米オープンで「帝王」と呼ばれたジャック・ニクラウスと死闘を繰り広げ、2位となりました。

ニクラウスが「100m以内なら青木が一番うまい」と発言したことで、世界のゴルフファンにも注目される存在になりました。

翌年にはアメリカツアーのライセンスを取得。1983年にはハワイアンオープン、ヨーロッパオープンなどに優勝し、日本でも大きな話題になりました。

日本ツアーで通算51勝は、歴代2位の大記録でで、日本プロゴルフツアーの永久シード権保持者です。

「ジャンボ」と親しまれたジャンボ尾崎

青木の最大のライバルとして活躍した尾崎将司は、終戦直後の1947年、徳島県で生まれました。

子どものころから野球少年で、徳島海南高校(現海部高校)時代はエースとして1964年のセンバツ大会で優勝しています。

翌年、プロ野球の西鉄ライオンズへ入団しましたが、プロ野球の世界では力不足を痛感し、3年間で引退しました。

周りの人たちに勧められ、ゴルファーに転向してから3年後の1970年、23歳でプロテストに合格しました。

プロゴルフ界では2年目に才能が開花

ゴルフではすぐに才能を発揮し、プロ2年目の1971年、早くも日本プロゴルフ選手権で優勝します。その後も順調に勝利を重ね、日本プロゴルフ界の第一人者に昇りつめました。

その豪快なプレーぶりにファンも多く、「ジャンボ」の愛称で親しまれました。

日本ゴルフツアー通算94勝、賞金王12回は、いずれも歴代1位です。海外ツアーにはあまり参戦しませんでしたが、弟や後輩たちと「ジャンボ軍団」も結成し、日本のプロゴルフ界を常にリードしていました。

初めて年間賞金額が1億円を越えた中嶋常幸

中島常幸は、1954年、群馬県に生まれました。10歳からゴルフを始め、19歳で日本アマを制し、2年後の1975年、プロテストに合格しました。

才能が開花したのは1980年代になってからで、1985年には日米で6勝しました。この年、日本のプロゴルファーで、初めて年間賞金額が1億円を突破して話題になりました。

その後も、「世界で5本の指に入る美しいスイング」と称賛された正確なショットで、国内外で活躍。世界ゴルフランキングで4位にランクされたこともあります。

練習の虫だった中島常幸

中島は、大変な努力家としても知られています。後輩に「1日何球打つの?」と尋ねて、後輩が「3000くらいです」と答えると、「数えられるうちは練習と言わない」と答えたというエピソードが残っています。

日本ゴルフツアー通算48勝は、歴代3位にランキされています。