プロゴルファーのやりがい

ツアートーナメントで優勝すること

プロゴルファーの目標は、ツアートーナメントに出場して優勝することです。日本では、男子のツアートーナメントは1年間に約25試合、女子のツアートーナメントは1年間に約35試合開催されています。

それらの大会で優勝したり、上位入賞することが、選手にとっては大きなやりがいになります。

大きなツアートーナメントであれば、賞金の総額も1億〜2億円と高額です。賞金は、1位に総額の20%、2位に10%、3位に6.8%から最下位の約0.2%まで、本大会でホールアウトした選手に順位に応じて配分されます。

優勝者は、大きな大会で優勝すれば、4日間のプレーで2000万〜4000万円を手にすることができるのです。プロである以上、多額の賞金を手にすることも大きなやりがいになっています。

プロである以上、多額の賞金を手にすることも大きなやりがいになっています。

実力があれば、アメリカのツアートーナメントにも参戦できる

実力があれば、アメリカのツアートーナメントに参戦することもできます。日本のトッププロの中には、ほぼ1年を通じてアメリカに滞在し、参戦している選手もいます。

アメリカのツアートーナメントは、賞金総額がケタ違いです。日本の男子の場合、ツアートーナメントで用意される賞金総額は、1年間で約38億円です。

これに対して、アメリカは約350億円にもなります。日本の10倍近くです。女子は、日本が約32億円に対して、アメリカは約57億円。1.8倍となっています。

アメリカのツアートーナメントで上位に入賞すれば、それだけ手にする賞金も多くなります。また、賞金総額が大きいことで、全世界から選手が参戦してきます。

世界のトッププロを相手に戦って勝ち、大金を手にすることは、大きなやりがいです。

試合ごとに順位が上がることも日々のやりがい

ツアートーナメントは、まず、予選があり、予選を通過した選手と、シード権をもつ選手が本戦でプレーできます。

ゴルフは個人プレーであり、結果がはっきり出る競技です。とくに若い選手にとっては、予選を通過したとか、前回より順位があがったということが、日々のやりがいになってきます。