プロゴルファーの仕事内容

「ツアープロ」と「ティーチングプロ」

プロゴルファーは大きく2種類に分けられます。ゴルフトーナメントに参加し、競技としてゴルフを行うことで賞金やスポンサー料などを得る。それが「ツアープロ」と呼ばれる人たちです。テレビ中継で見ることができるのは、このツアープロの人たちです。

一般的に、プロゴルファーと言えばこのツアープロをイメージする人が多いでしょう。しかし、ツアープロになれる人はプロゴルファー全体のごく一部なのです。プロゴルファーのほとんどを占めるのが、「ティーチングプロ」と呼ばれる人たちです。

ティーチングプロは、ゴルフを他の人に教えることでお金を稼いでいます。レッスンプロという呼び方もあります。

ツアープロゴルファーの仕事内容

ツアープロと呼ばれるプロゴルファーは、その名の通りゴルフのツアートーナメントでプレーするのが仕事です。全国各地のゴルフ場で開催されるツアーに参加し、上位の選手に与えられる賞金獲得を目指します。

優れた選手であれば、コンスタントに賞金を獲得できる上に、企業からのスポンサー料も得ることができるようになります。成績上位をキープできれば、シード権を得て予選を免除される、といった特典があります。

しかし、成績がよくなければ、賞金を得ることは難しいです。ツアーへの参加費用は自分持ちですので、経済的に苦しくなってしまいます。そこで、収入を得るために、一般の人にゴルフの指導をしているツアープロも多くいます。

ティーチングプロゴルファーの仕事内容

ティーチングプロは、他の人にゴルフを教えるのが仕事です。ゴルフクラブの扱い方や、スイングの仕方など、プロとしての知識と経験をもとにレッスンを行います。マンツーマンで教えることの方が多いですが、ゴルフスクールでグループレッスンを行うこともあります。

特定のゴルフ場や、打ちっ放しのゴルフ練習場に所属するのが一般的です。どこにも所属せず、個人営業のティーチングプロもいます。ティーチングプロの人数は多く、全国で数万人いるとも言われています。

ゴルフを教える相手は、ほとんどの場合一般のアマチュアゴルファーですが、中にはツアープロを相手に指導を行う人もいます。そのような人は、知名度を活かして本やDVDを出版することもあります。