プロゴルファーに向いている人、適性

プロゴルファーに向いている性格

ゴルフには、精神力が重要だ、とよくいわれます。

あせって、手元がちょっと狂っただけで、ボールは予想もしていない方向に飛んで行ってしまいます。有名プロゴルファーでも、プレッシャーに負けて惨敗してしまう姿をテレビで見かけることがあるでしょう。

自分の精神状態がプレーにすぐ現れてしまうスポーツですので、自分の精神をうまくコントロールできることが大事なのです。

「失敗するんじゃないか」と考えるより「うまくいく」成功イメージを持てる。
失敗したからといってうろたえず、冷静でいられる。
プレッシャーを恐れず、やりがいととらえる。

プロゴルファーとして成功した選手は、このような性格を備えている場合が多いのではないでしょうか。

プロゴルファーはゴルフ好きの家庭から生まれる?

国内、海外ともに、トッププレーヤーと呼ばれるプロゴルファーは、ゴルフ好きの家庭で育ったという話をよく耳にします。
よちよち歩きの小さな頃から親にゴルフを教わり、子供のうちから大人にまじってゴルフをしていたという有名プロゴルファーもいます。

ゴルフも、他のスポーツと同じように、早く始めた方が上達する可能性は高いはずです。親の影響で幼少期からゴルフを始めたプロゴルファーが多いのは、そういった理由があるのかもしれません。

しかし、もちろん、プロゴルファー全員が幼少の頃からゴルフをはじめたというわけではありません。野球など他の競技でも、サラブレッドと呼ばれ英才教育を受けた選手もいれば、自分の力ではい上がってきた、たくましい選手もいます。

ゴルフは精神に左右されるスポーツです。精神的な強さを身につけることができれば、努力次第で誰にとっても成功のチャンスはあります。