プロゴルファーになるためのスクール・学校

プロになるまで1万時間の練習が必要

スポーツの世界には、種目に限らず、プロになるまで1万時間の練習が必要という見方があります。

その一方、プロテストに合格する平均年齢は、男性が約25歳、女性が約21歳です。本格的にゴルフを始めてから、プロ選手になるまでの年数は10〜15年といわれています。

10〜15年で1万時間という数字から、1日に必要な練習時間を計算すると、ざっと2時間から3時間になります。ゴルフの場合、毎日2〜3時間練習すると、その間に打つボールの数は、200〜300球になります。

ゴルフスクールに入るのも一つの方法

しかし、小学生〜高校生が、毎日2〜3時間の練習を続けることは大変です。ゴルフの場合、練習場所も確保しなければなりませんし、基礎から教えてくれるコーチも必要になります。何もしなくても、全ての環境が整っているという人は多くないでしょう。

そこで、ゴルフスクールに入って、練習環境を確保するとともに、コーチの指導を受けるのも一つの方法です。

年間費用は100万〜200万円

ゴルフスクールの費用は安くありません。プロを目指すゴルフスクールの場合、都市圏で年間約200万円、地方で約100万円かかるといわれます。

地方だと、練習場やゴルフコースを無料で借りられるところもあって費用が安くてすみます。そのため、一家で地方へ引っ越す人もいるようです。

ゴルフスクールの選び方

ゴルフスクール選びの目安は、一般に「厳しいところ」といわれています。

「厳しい」といっても、「できないこと」に対する厳しさとは違います。

生徒の能力は人によって差がありますし、得意、不得意も違います。「できないこと」に対しては、しっかり指導し、できるまで待ってくれるのが、むしろよいスクールでしょう。

「厳しさ」が必要なのは、練習態度に対してです。

プロゴルファーになるには、とにかく毎日コツコツと練習を続けることが必要です。

しかし、毎日これを繰り返すと、どうしても集中力が続かなかったり、怠けたりしがちです。練習対する気が抜けたときこそ、厳しく指導してくれるスクールがよいといわれています。