義肢装具士の役割

快適な生活をしてもらえるように

義肢装具士の仕事内容は、少しでも多くの人に快適な生活を送ってもらう、できないことを少なくするということを目的としています。

四肢のどこかを欠損してしまった人の喪失感というのは非常に大きく、また先天的に四肢のどこかが欠損している場合、体の感覚や使い方に大きな影響があります。

そうした人たちが少しでも楽になり、できることに挑戦することが可能になるようにするのが義肢装具士の大きな役割です。

リハビリのスタート地点を作り上げる職業

義肢装具士が作成した義肢を使ってリハビリをすることは非常に多いです。

義肢は身につけたからといってすぐに利用できるとは限りません。使い方を熟知できるようにしっかりと訓練することも必要です。

義肢を作る義肢装具士は、まさにリハビリのスタート地点にいるような職業であり、義肢装具士なしではリハビリを開始することができないこともあります。

リハビリを始めるには医師の診断も当然必要になりますが、リハビリ訓練という視点でいえば義肢装具士は一番入り口に近い職業のひとつといえるでしょう。

リハビリが終わったあとも役割は続く

義肢装具を使えるようになるための訓練をし、自由に使えるようになっていくとリハビリのゴールも近いです。

そうなると理学療法士や作業療法士の役割もとりあえず、一段落していくことになります。

しかし義肢装具士の場合は、ここで役割が終わることはありません。義肢装具が使用される以上、ずっと続いていくことになります。

使っていく間に義肢装具は必ずゆがんだり、緩んだりしてしまうものです。子どもの場合は、身体の成長もあるでしょう。

義肢装具は士はそのような義肢装具のメンテナンスをしていく役割も持っています。

長期にわたって患者さんと関わっていくのも義肢装具士の特徴のひとつです。