義肢装具士の仕事内容

技術職としてリハビリに関わる

リハビリや医療の職業の中には義肢装具士と呼ばれる職業があります。

義肢装具士とは、ケガや病気などで手足を失ってしまったり、体幹の機能に問題が生じている人に対して、患者さんの身体に適合する義肢や装具を作成する仕事です。

「義肢」とは、人工の手足のことで、主に義手と義足があります。

近年技術の発達が著しく、細かな手の動きができる義手や、速く走ることもできる義足などが生まれてきています。

装具とは、身体の機能の低下を補うために使用するものです。ギブスやコルセットなどが装具にあたります。

義肢装具士は他の医療・リハビリ職に比べると、訓練などの要素は少なく、対人職としてよりも技術職としての見られることもあります。

とはいえ、義肢装具を作っていく上で重要になるのは、利用者の方のニーズです。利用者に適していないものであると、どれだけ高機能で優れている義肢や装具を使っても利用者の満足は得られません。

義肢装具士にとってはこのニーズを聞き取ることが一番重要であり、基本になります。

そのため他のリハビリ職と同じように、人との関係を非常に大切にすることが求められる職業といえるでしょう。

義肢装具を作るための手順

義肢装具士は単純に義肢や装具を作ればよいというわけではありません。しっかりと求められるものを形にする技術が必要です。

義肢装具士が義肢や装具を作成する際、まずは患者さんの身体を正確に測ります。それをもとに義肢、装具の製作を進めます。

出来上がったものを患者の身体に合わせ、体に違和感がなくなるまで、調整を繰り返します。

義肢や装具が完成した後にも、医師やリハビリを担当する理学療法士などと協力し、患者さんとコミュニケーションを取りながら、患者さんの日常生活への復帰を援助します。

義肢装具士は単に器具を作るだけではなく、採寸からリハビリのサポートまで行うのです。

義肢装具士は複数の職業と協力して初めて成り立つ職業のひとつでもあり、理学療法士や作業療法士との関わりはとくに強いものがあります。連携をしていくことで本当のニーズを見出せるようになるのです。

理学療法士の仕事
作業療法士の仕事

基本的な医療知識が必要

義肢装具を作っていくことが義肢装具士の大きな役割になりますが、それを達成するためには当然基本的な医学知識も持っておかなければいけません。

体の構造に関する知識と装具に関する知識を融合していくことが必要です。

なお、義肢装具士は他の医療・リハビリ職と異なり、病院に勤務することはあまりありません。一般的には義肢装具製作所で働くことになります。

義肢装具制作会社は病院と連携しており、医師からの注文に応じて、義肢装具士が病院に訪問するという流れになっています。