義肢装具士の現状と将来性

技術職であり医療職でもある

義肢装具士というのは技術職の面も持ちながら、医療職としての要素も持っています。そのためどちらの要素でも仕事をすることができます。

施設のある工場で装具の設計をする一方、病院などで患者さんと接して、メンテナンス、寸法調整などをするということもできます。

医療を少し変わった視点からサポートしていきたいという人からの人気も高くあります。

医療現場というのはどうしても閉鎖的になってしまう傾向がありますが、義肢装具士は病院外の人間であるため、そのような現場に少し違う雰囲気を与えるという役割も持っています。

他のリハビリ職と同様の視点や立場が求められる

義肢装具士というのはリハビリの土台を作る非常に重要な職業です。

しかし、医療の現場では他のリハビリの職業の指示を受けるだけということもあり、義肢装具士が主体的に活動できていないこともあります。

ですが、その状態ではせっかくの義肢装具士の力を十分に発揮することはできません。それだけでなく、効率的な医療やリハビリを展開することも難しくなってしまうかもしれません。

常に病院にいることが少ないという理由から、こうした流れになってしまうこともありますが、義肢装具の使い方など対してしっかりと指示を与え、より良いリハビリが行えるように、義肢装具士が活躍していくことが求められています。

海外でも活躍できる可能性も

義肢装具士という名前は日本独自の資格の名前ではありますが、義肢装具自体は日本だけでなく世界中で大きな成果を出しています。

世界にはまだまだ治安の悪い国もあり、四肢を失うような大きな怪我をしてしまう人も多くいます。そうした人にとって義肢というのは大きな希望です。

義肢に対して高い専門性があり、より使いやすい義肢装具を提供することができる職業として義肢装具士は存在しています。

技術力が高いとされる日本の義肢装具士が世界で活躍するチャンスもあることでしょう。