義肢装具士向いている人、適性

ものを作ることが好き

義肢装具士は義肢についてのスペシャリストであり、義肢についての専門知識を持っていることが求められます。

義肢の扱いを紹介したり、トラブルを防ぐためのメンテナンスをしていくことにもなりますので、仕組みや素材などに精通していなければなりません。

物を作ることが好きな人であれば、素材や組み立て工程、仕組みなどに自然と意識が向いていくことになるでしょう。

また、義肢装具士は、素材や機能のメリットなどを紹介していくことも大きな役割です。義肢装具自体に対する熱意や愛情を持つことが必要となります。

新しい技術に興味をもてる

義肢装具は年々機能が進化し、新しいものになってきています。

医療技術などもそうですが、目に見えて大きく進化しているものも少なくありません。新しい技術を学び、しっかりとついていくことが大切です。

現状のものに満足するのではなく、積極的に情報を収集し、患者さんのために最もいいものを提供しようという心構えが必要です。

新しいものが好きな人であれば、こうしたことは苦にならないでしょう。

ただし、何でも新しいもの飛びつけば良いということでもなく、義肢装具を使う人の状態を見極めて、より適したものを提供することが大切です。

器用であると有利

義肢装具は手作りで作成される部分も多くありますので、細かな力の入れ具合などによって形を変えていく繊細な作業が必要になってきます。

人の身体につけるものなので、微妙な調整が非常に大切なのです。

不器用な人はなれないという職業ではありませんが、手先の器用さや繊細な感覚があれば仕事の上で有利になるのは確かでしょう。