義肢装具士のつらいこと、大変なこと、苦労

患者の中には心を閉ざしがちな人も

事故や病気などで、体の一部を失ったり、障害を負ったりしてしまった人は身体だけではなく、精神的にも大きなダメージを受けています。

中にはショックから義肢や装具を使うことを拒み、義肢装具士につらく当たる人もいます。

日常生活に復帰する自信をなくし、コミュニケーションを拒む人も少なくありません。

義肢装具士はそういった決して前向きとはいえない精神状態にある人たちに対して粘り強く思いやりの気持ちを持って接しなければなりません。

とはいえ、義肢装具士も人間です。使用者とのコミュニケーションが上手くいかず傷ついてしまうこともあるようです。

しかし、その分、使用者が少しでも笑顔を見せてくれたり、心を開いてくれたりすることが何よりのエネルギーになります。使用者の明るい未来に貢献するために義肢装具士は日々、奮闘しているのです。

繁忙期は寝る間も惜しんで作業に没頭

義肢装具士にはものづくりに励む職人という側面もあります。義肢や装具の製作状況や納期によっては労働時間が長くなり、帰宅が深夜に及ぶこともあるのが正直なところです。

納期を延ばすことは器具の完成を心待ちにしている使用者の期待を大きく裏切ることになります。

使用者との信頼関係を維持するためにもほとんどの義肢装具士は苦労を厭わず作業に専念しています。

また、作業の工程では重い機械や素材を持ち運びすることも少なくありません。義肢装具士は体力がなければ務まらない仕事であるといえるでしょう。

使用者が満足するまで何度も微調整を重ねる

義肢や装具の作成には専門的な技術と長い期間を要します。

言い換えれば、義肢や装具には義肢装具士のすべてが込められているといっても過言ではありません。

しかし、苦労して作り上げた器具が必ずしも使用者に満足されるとは限りません。

むしろ、初めて着用した際、ほとんどの使用者が違和感を訴えます。そのため、使用者にフィットするまで何度も修正を重ねなければなりません。

これは非常に根気が必要であり骨の折れる作業であるといえます。

国家資格にパスする必要がある

義肢や装具の作成は資格がなくても行うことができますが、実際に使用者の身体に触れながら採寸をしたり、場合によってはリハビリテーションに参加したりするためには国家資格が必要です。

国家試験を受けるには3年以上の養成校を修了するのが一般的です。その後、毎年一回行われるマークシート方式の筆記試験を受け、見事合格すれば義肢装具士の資格を取得することができます。

合格率は平均90%以上と高めですが、幅広い分野の専門知識が求められる資格なので、十分な事前準備が必要です。

ものづくりに没頭するだけでは不十分

義肢・装具の作成には専門的で高度な技術が必要不可欠です。

義肢装具士を志願する人の多くは手先が器用でものづくりが好きである傾向にありますが、それだけで務まる仕事ではないことを理解しておきましょう。

目の前の使用者のために器具を作成するわけですから、コミュニケーション能力が必要不可欠なのです。

いわゆる、頑固で無口、己の腕一本に頼る職人気質の人は慣れるまで苦労するようです。

慈善事業というわけにもいかない

義肢製作会社やメーカーの大半は民間企業であるため、当然、利益を出さなければ成り立ちません。

身体の欠損や障害により精神的にも弱ってしまっている人を援助する一方で、決して安くはない対価を請求しなければならないという現実に苦悩する義肢装具士もいます。

しかし、経験を積み、技術を向上させることで自信をつけ、使用者を満足させられる器具を作れるようになることでその苦悩は解消されてくるようです。