義肢装具士の就職・求人募集状況

義肢装具士の職場は「会社」が多い

義肢装具士は医療職でありながら技術職でもあるため、医療現場ではなく会社で働く人が多いという少し特殊な職業となっています。

求人についても義肢装具製作会社が募集していることが一般的で、医療現場の求人は比較的少ない傾向にあります。

訪問という形で病院や患者さんと関わることはできますが、医療現場に常駐して働きたいと考える人にとっては、厳しい就職活動となってしまうでしょう。

会社で働いていくと、通常のサラリーマンと変わらないスタイルでの仕事になることもありますし、営業についての話が出てくることもあります。

義肢装具士としてどのような仕事をしていきたいのか、働き方をしていきたいのかをしっかりとさせておくと、数多くある会社の中でも自分に合わせた会社を選びやすくなるでしょう。

医療現場で働くことも

上記の通り、義肢装具士として医療現場で働くことは難しいですが、まったくないというわけではなく、病院で直接募集していることもあります。

医療現場で仕事をしたいというこだわりがあるのであれば全国に目を向けて職場を探して見るとよいかもしれません。

地域を限定してしまうと見つからないものも、地域を広げてみることで見つかる場合もあります。

ただ、医療現場での義肢装具士となると、直接装具や義肢の開発や研究に携われなくなってしまう場合もあるので、何がしたいのかを考えておくことが必要です。

就職状況は比較的良好

義肢装具士の資格を所持している人はまだそれほど多くありません。それだけに希少価値があるともいえますので、就職のときには有利になるかもしれません。

義肢装具士として働けるのであればどこでもよいと考えているのであれば、比較的就職先を見つけけやすい傾向にあるようです。

ただし、義肢装具士の資格取得者は年々増加している傾向にありますので、今後競争率が厳しくなっていく可能性はあります。