女性の義肢装具士

将来性は無限大

近年、義肢装具士に対する女性の興味が高まってきており、専門の教育機関に通う女性も増加傾向にあります。

それでもまだ、小規模の製作会社においては女性の義肢装具士は一人いるかいないかという程度であり、就業している人の大部分が男性であるというのが現状です。

また、義肢装具士の仕事は体力勝負であり、力仕事も多いため、どうしても男性が有利になってきます。そのあたりも女性の義肢装具士が少数であるゆえんです。

しかし逆に考えれば、まだまだ活躍の可能性が残されている分、大きく期待が寄せられているともいえます。

女性にしかできない役割も

装具療法が用いられる疾患に「外反母趾」や「側彎症」というものがあります。いずれも女性に多い疾患であり、その患者数は近年とくに増加傾向にあるといわれています。

女性の中には採寸などの際、男性に触れられることを嫌がる人もいるため、女性の義肢装具士の存在が非常に心強いものになります。

また義足を使う女性が妊娠をし、体型が変化しても対応できるように開発された「マタニティ義足」というものがあります。

今後、ますますニーズが高まることが予想されるマタニティ義足のフィッテイングにも女性の活躍が期待されるでしょう。

カウンセラーとしての活躍

義肢や装具を作成するには特に資格は必要ありません。言い換えれば義肢装具士でなくても器具の作成には携われるということです。

しかし義肢や装具を作成するために必要な採寸やカウンセリング、リハビリ等は国家資格を持つ義肢装具士にしかできない行為です。つまり直に使用者と接することを許されているということになります。

使用者とのコミュニケーションにおいて女性ならではの細やかな心遣いや思いやりが生きてくるでしょう。

女性の活躍が器具を進化させる

義肢・装具は時代の流れや医療の発展と共に変化してきています。これから先もより使用者にとって使い心地の良いものに進化していくでしょう。

義肢・装具の改良において、女性ならではの視点や感性に寄せられる期待はとても大きいものであるといえます。志願者は増加傾向にあるとはいえ、まだまだ女性の義肢装具士は足りない状況です。

将来性や需要を考えた上でも、義肢装具士を目指すことは女性にとってマイナスにはならないでしょう。