義肢装具士原田 健一郎さん

1979年、東京都江戸川区生まれ。建設業界、飲食業界などに勤務し、27歳の時に西武学園医学技術専門学校義肢装具科へ入学。義肢装具士国家試験に合格後、義肢装具の製作等を行う株式会社エヌ・オー・ティーに入社。現職4年目として日々業務に邁進中。

HP:株式会社エヌ・オー・ティー

原田さんが義肢装具士になろうと思ったきっかけを教えてください。

僕は17歳で建築の仕事に就いたのですが、腰を痛めてしまって。それからは10年近く飲食店で料理人として働いてきました。

27歳のころ、「別の仕事に挑戦してみよう」と考えたとき、以前腰を痛めた際にコルセットを付けて、すごく助けられたことを思い出したんです。それでいろいろと調べていくうちに、「義肢装具士」という職業のことを知って、興味を持ったのがきっかけですね。

ものづくりが好きでしたし、医療や福祉分野の専門職として人の力になれる仕事という点にも魅力を感じました。

義肢装具士になるには、どのような方法があるのでしょうか?

義肢装具士は国家資格なので、国家試験を受けて合格しなければなりません。国家試験の受験資格を得る方法はいくつかあるのですが、最も一般的なのは、高校を卒業して指定の養成校で学ぶ方法です。

2013年9月現在、義肢装具士の養成校は全国に10校ほどあり、入学するには基本的に高卒の資格が必要です。僕は高校を中退していたんですが、働きながら通信制に通って高卒資格を得ました。

僕が通った専門学校の授業は、1年生のうちから座学に加えて、身体の寸法を測ったり型をとったりといった「作る技術」を身につけるための実習も行います。

2年生になると、より専門的な内容を学びます。年1回、6週〜8週間の臨床実習があり、義肢装具の製作会社等で仕事を経験します。

3年生になると、さらに複雑な製作の実習と、国家試験対策の授業も入ってきます。

学校生活は忙しかったですか? また、どんな人が通っていましたか?

photo2

たしかに予習復習、国家試験に向けた自習などは必要ですが、自由な時間がまったくとれないわけではありません。学校の後はアルバイトをしたり、友人と飲みに行ったりもしていましたよ。

クラスは高校を出てすぐ入学した人と、僕のように一度社会人を経験してから入った人が半々くらいでした。

社会人経験者のバックグラウンドはさまざまで、前職がコンピュータ関係だったり、福祉業界だったり、中にはアルバイト生活から一念奮起して入学した人もいましたね。

勉強するのに年齢は関係ないですが、専門的な授業が多いので、この仕事がどんなものか理解し、目標を持っていないと厳しいかもしれません。実際、途中で辞めてしまう人もいましたから。

学校ではいい仲間もできて楽しかったんですが、僕は10代から働いていたので、また早く社会に出て仕事をしたいという思いが強かったですね。