銀行員のやりがい

個人の夢を支える仕事

銀行のやりがいのひとつは、融資を通してさまざまな人たちの人生の手助けをできることです。

「資金が必要」と考えている人のなかには、夢を抱いている人がたくさんいます。

「マイホームを建てたい」「マイカーを買いたい」というような資産の購入に関する夢から、「子どもを大学で学ばせたい」「海外に留学したい」というような教育に関する夢、「結婚式を挙げたい」という人生の一大イベントに賭ける夢まで、さまざまな夢があるでしょう。

銀行の大事な役割は、こうした人たちが夢を実現できるように手助けすることです。資金が必要な人のもとへお金を貸すことで「ありがとう」「助かりました!」と感謝されることも多くあります。

必要な人に必要なときに必要なぶんだけお金を届ける銀行の仕事は、人々に幸せを届けるというやりがいを感じることができる仕事です。

地域の未来を創り出す仕事

日本の企業の99%以上が中小企業です。こうした状況のなかで、中小企業の成長に欠かせない役割を果たしているのが、全国各地にある地方銀行です。

銀行の融資係は、中小企業が持つ潜在的な力を見極めることで、融資をするかどうかを決定します。

どんなに小さな企業でも、綿密な調査によって「この製品が特許をとれば大きな利益が出るだろう」「この商品を輸出すれば大ヒットするだろう」と将来性を見出し、大きな金額の融資を決めることもあります。

こうした銀行のバックアップによって、企業が飛躍駅に成長できた例は珍しくありません。成長した企業が人気商品を創り出したり観光資源を増やしたりして地域に新たな雇用を生み出すこともあり、まさに銀行の英断が地域の未来を創り出すと言っても過言ではありません。

「経済を通して街を元気にしたい!」という願いがある人は、銀行員の仕事に大きなやりがいを感じることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加