銀行員の職種

銀行員の代表的な職種は

銀行員として働く人たちは、担当ごとにさまざまな職種に分かれています。

一般の人が一番イメージしやすいのが、窓口担当者(テラー)でしょう。窓口に訪れたお客さんの要望を聞きながら、公共料金のお支払いや預金の預かり・振り込み等さまざまな業務をこなします。

接客業なので、明るい笑顔や礼儀正しさなど高いコミュニケーション能力が求められ、まさに銀行の「顔」となる職種です。

ただし、窓口担当者は、いわゆる幹部候補生の「総合職」ではなくて、特定の業務に携わり続ける「一般職」の社員が従事することが多いのが特徴です。

次によく知られているのは、渉外担当者です。いわゆる営業マンのことで、担当エリアのお客様のところを訪問しては定期預金や住宅ローン・年金などの相談に乗ります。

お客さまは個人から法人(企業)まで幅広く、この営業成績は銀行員としての大きな実績につながります。

本人の希望や適性に応じて

もう一つ、銀行員ならではの職種なのが融資担当者です。企業が資金を必要とするときに融資を行うのが仕事で、先方の経営状態をチェックしたり将来性を分析したりしながら、融資が可能かどうかを判断するという大事な役割を果たしています。

企業への融資では大口のお金が動くことが多いので、責任も重大な分、企業の成長を応援できるという大事な役割を果たしています。

他にも、為替や外国通貨の両替などを担当している銀行員もいれば、ローンの専門相談員をしている銀行員もいます。また、こうしたお金を扱う業務以外にも、通常の企業と同じように「人事」や「企画」などを担当している社員もいます。

このように銀行員の仕事は実に多岐にわたっており、本人の希望や適性に応じてそれぞれの部署に振り分けられるのが一般的です。

仕事体験談