銀行員の勤務時間、休日

勤務は平日がメイン

銀行の窓口というと、「朝9時に開いて午後3時にはシャッターが閉まる」「土日は休み」というイメージの人を持っている人が多いのではないでしょうか。

実際、全国のさまざまな銀行が、平日9:00〜15:00までの営業時間を軸にしています。

銀行以外の民間企業では競争が激しくなり、「年中無休」や「深夜営業」など営業時間延長を行う店が増えているなかで、なぜ銀行だけが上記の営業時間を守り続けるのでしょうか?

その理由は、銀行法にあります。銀行法というのは、銀行の運営について定められた法律のことです。

営業時間に関して記載された第十六条には「銀行(代理店の営業所を含む。)の営業時間は、午前九時から午後三時までとする。)という一文があります。

多くの銀行がこの銀行法をもとに、営業時間を決めているので、同じ時間を軸に営業をしているのです。

ただし、この一文には「営業の都合により延長することができる」という記載もあります。

これを受けて、最近はごく一部の銀行で営業時間を拡大しているところもありますが、まだまだ一般的な流れとしては「平日の9時から15時」が原則です。

忙しくなる「5、10、15、月末」

上記の営業時間に合わせて、銀行員は大体、朝8時45分から17時くらいまでの勤務となることが多いようです。15時に窓口が閉まったあとは、書類の総チェックをしたり、計算の間違いがないかどうかを確認したりという事務処理を行います。

ただし、渉外担当者や融資担当者など一般の企業を相手に営業をしている社員は、先方の都合に合わせてスケジュールを組むことになるので、17時に業務が終わるというわけではありません。先方の仕事が落ち着いた後にお伺いして、夜遅くまで残業することもあります。

また、窓口で働いている社員も時期によっては残業が多くなります。銀行員が忙しくなるのは、「5日、10日、15日、月末」です。多くの企業がこうしたキリの良い日に「家賃の引き落とし」や「給料の振込み」を設定していることが多く、業務も大変多くなります。

土日やGW,お盆、正月など世間の休日は銀行も休みなので、基本的には休暇をとることができます。

仕事体験談