議員秘書の生活

勤務時間は不規則になりがち

議員秘書の勤務時間は、午前9時から午後6時など一応決まっているようですが、実際には、秘書は勤務時間に関係なく働いているといいます。

早朝でも深夜でも活動する議員のスケジュールに合わせるため、勤務時間が不規則になってしまうのです。

また、秘書の人付き合いの広さも、勤務時間を不規則にしています。

秘書は、有権者の気持ちを知ったり、関係者と信頼関係をつくったりなどするために、支援者、企業、業界団体、官僚などと頻繁にコミュニケーションを取らなければなりません。そのため、夜の会合が多くなりがちで、午前様は珍しくないそうです。

秘書によっては、土日も休めない

秘書によっては、土日もほとんど休めないといわれます。

秘書の内、東京の議員会館にある議員事務所の秘書は、議員会館自体が週末に閉館するため、土日は休日になりますが、議員の地元事務所の秘書は違います。

多くの場合、議員は、金曜の午後から地元入りして、週末にあいさつ回り、地域の行事への参加、街頭演説などを行って東京に戻ります。

したがって、地元秘書は週末に議員の随行をしなければならないため、ほとんど休めないわけです。

選挙期間は休みなし

さらに選挙期間になると、秘書は「休みなし」状態に。

告示日から投票日までのわずかな選挙期間は、議員にとって勝負の時。議員の遊説、街頭演説、集会などが滞りなく進み、一人でも多くの有権者の支持を得られるよう、秘書は関係者と連絡を取り合ったり、選挙スタッフに指示を出したり、時には自らも現場でサポートしたりなど走り回ります。

忙しさに見合った収入か?

多忙な日々を送る議員秘書。果たして、秘書は忙しさに見合った収入を得られるのでしょうか。

収入は秘書の種類、経験などによって異なるようです。

秘書は公設秘書、私設秘書に二分されます。公設秘書は、国家公務員。公設秘書になりたての新人でも、年収は一般的給与所得者の年収より高くなっています。

一方、議員のポケットマネーで雇われる私設秘書の収入には、個人差があります。

私設秘書は公務員としての制約がないため、敢えて実力派の秘書を私設秘書に就ける場合があります。こうしたケースでは、かなりの高収入になるようです。

しかし一般には、私設秘書は公設秘書に比べると薄給で、生活も厳しくなりがちといいます。

厳しい面のある議員秘書職。多くの秘書は、自分の惚れ込んだ議員と国をより良い方向に動かすことに、厳しさ以上のやりがいを見つけ、日々の仕事に打ち込んでいるようです。