言語聴覚士の大変なこと、つらいこと

患者さんとの信頼関係を結ぶ

言語聴覚士は、言葉や食べ方に関する問題をかかえた人を助け、できるだけ能力の回復をはかる仕事です。

脳卒中などの病気で、ある日突然コミュニケーションやものを食べる能力がそこなわれたことを受け入れられる人は多くありません。

また、訓練の結果がすぐに出るわけではないため、患者さんが訓練を拒否したり消極的になったりすることがあります。

リハビリをする方1人ひとりに向き合い、信頼関係をつくることは簡単なことではありません。

ご家族の協力を得ることも大切です。

失語症や高次脳機能障害などでは外部には現れない問題を抱えることがあるため、身近な家族でも患者さんの状態を理解できない場合があります。

ご家族に助言や指導をすることも職務に入りますが、理解をしてもらえるまでに時間がかかることもあります。

新しい知識を得る

言語聴覚士は、医師・歯科医や看護師などの医療分野、理学療法士、作業療法士などのリハビリ分野、また介護福祉や学校教育分野と連携しながらリハビリを進めていきます。

連携をスムーズにするために、関連する分野の理解が必要です。

そのため、勉強会などに参加し、新しい知識を吸収することが必要ですが、日々の業務に追われて難しいことがあります。

常に勉強を続けなければならないのも、言語聴覚士の苦労の1つです。

技術やコミュニケーション能力を高める

それぞれの訓練に対して高い技術力が求められます。

たとえば、言語聴覚士がたずさわる訓練の1つに嚥下訓練というものがあります。これは、食べ物や飲み物を飲み下すことができるようにすることです。

嚥下がうまくできないと肺炎をおこしてしまうなど、生死に直結することがあります。また、医師や看護師などとの連携が大変重要になります。

一般的に、医療職の人々は忙しいといえますが、その中で患者さんの状態を的確に伝え情報を得なければなりません。

仕事体験談