言語聴覚士の就職先の選び方

どんな言語聴覚士になりたいのかを考える

ひとくちに「言語聴覚士」といっても、人によってタイプが異なります。

大きく分けると、しっかりと現場で経験を積んでいく言語聴覚士になりたいのか、それとも何かを研究できるような言語聴覚士を目指していくのかということになります。

さらに細かくいえば、より生活に密着した言語聴覚士になりたいのか、医療分野に特化した言語聴覚士になりたいのかなどの違いも出てきます。

これらについて就職する前に考えておき、決めることができれば、おのずと就職場所は決まっていくでしょう。

現場で経験を積んでいきたいということになると、やはり地域の中心にある病院がよいでしょう。

どのような地域でも大きな病院はあるもので、そこに多くの患者さんが集ってきます。患者さんが多い病院であれば、それだけ経験を積める機会は増えるといえます。

一方、研究をしたいのであれば、大学病院を中心に就職先が定まってくるでしょう。また、生活に密着したいというのであれば、医療から少し離れて福祉現場での仕事もよいでしょう。

就職先を選ぶときには給与や福利厚生なども重要な決め手となりますが、それ以前に自分がどんな言語聴覚士になりたいのかを考えておくことも重要です。

将来を見通して決めていく

自分がどんな言語聴覚士になりたいのかを決めることができたならば、将来の人生設計も併せてしていくとよいでしょう。

自分がどのような暮らしをしたいのか、どのような暮らしをイメージしているのかによっても就職先は限定されてきます。

たとえば、「家族を持ちたい」「結婚したい」というのであれば、待遇面が充実していたり、休暇をしっかりと取れたりする就職先を選んでいったほうがよいといえます。

それよりも、とにかく多くの場所でさまざまな経験を積みたいというのであれば、転職がしやすい就職場所にしておくのも一つの手です。

多くの病院が密集している地域であれば、転職をする際にその都度引越しをしないで済む場合も多々あります。

転職に対してマイナスのイメージを抱く人もいるかもしれませんが、目的がしっかりとしていれば、決して悪いことではありません。

自分の夢を叶えるために、積極的に転職をする人もいます。

職場の雰囲気も大切

就職先選びにおいて、最後にしっかりと見ておきたいものとしては、やはり職場の「雰囲気」が挙げられます。

雰囲気が悪いと、いくらやりたい仕事とはいえどうしても働きにくくなってしまい、不満が溜まってしまいがちです。

言語聴覚士に限った話ではありませんが、転職理由の上位には必ずといっていいほど「職場の人間関係」が挙がってくるものです。

その職場の雰囲気や人間関係が自分に合っているかについては、なかなか事前に把握できない部分もありますが、できるだけ事前に足を運んで志望する就職先を見ておきたいものです。

仕事体験談