摂食・嚥下障害とは

摂食・嚥下障害とは

言語聴覚士がたずさわる障害は、大きくわけて言語に関するものと摂食・嚥下(えんげ)障害に分かれます。嚥下(えんげ)とは食べたものを噛んで飲みこむことです。

摂食・嚥下障害とは、ものを食べたり飲んだりするときにむせて飲みこめなくなったり、食事の後でも口の中にものが残っていたり声がしゃがれたりすることです。

おもな原因

食べ物をかんだり、飲み込んだりする筋肉の力が弱まったり、食べたものを舌でまとめる力が落ちたりした場合におこります。

加齢、歯の状態が悪い、神経や筋肉の病気によって麻痺がある、脳卒中の後、ガンなどで舌や喉に腫瘍ができた場合、などに生じます。

薬を複数飲んでいる場合、その副作用でおきることがあります。

認知症によって、食べ物を食べ物としてわからない場合も摂食・嚥下障害にふくまれます。

とくに水分はむせやすいため、飲み物や水分の多いものを取りたがらなくなったりしますし、食事をするとすぐ疲れてあまり食べなくなってしまうこともあります。

誤嚥性肺炎とは

摂食・嚥下障害の際に、一番気をつけなければならない病気です。

ふつう食べ物が食道ではなく気管に入ってしまうと、それを取り出そうという反射(嚥下反射)が働き、むせて咳きこみ気管から排出します。

しかし、反射がうまく働かないと気管に入り肺炎を起こしてしまうことがあります。

これを誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)といいます。食べ物だけでなく唾液が気管に入っても発症することがあります。

また、嚥下反射の機能が低下していると、夜眠っている間に少しずつ唾液が気管の中に入ってしまうことがあります。

体力がない患者さんや高齢者の方の場合、生死に関わる大変危険な病気です。

そのため、嚥下機能が落ち危険性が判断された場合、チューブから食べ物を摂取するようになります。

仕事体験談