回答者:ゆうさん(男性/33歳)

職業名:言語聴覚士 / 現在の状態:現役 / 経験年数:11年

仕事内容
言語聴覚士としての仕事は口腔の訓練や、発音の状況を見たり、あるいは正常は発達をしているかどうかを見ていくことになります。僕自身は地域の大きな病院の中で言語聴覚士として働いているので、数多くの患者さんと接する機会があります。
ただ、言語聴覚士としての仕事もしっかりとしますが、僕の場合他の職業の訓練を取り入れたり、手伝いをするということもあるので、言語聴覚士の仕事だけということもありません。
仕事のやりがい
多くの人が足を運んでくれる病院なのでやりがいは非常にあります。
時には寝不足や、疲れてつらいと感じてしまうこともありますが、訓練が始まっていくと、そんな気分もどこかに飛んでしまいます。
この仕事のやりがいはやっぱり、訓練をして成果がでたり、感謝をされるところが一番大きなものではないでしょうか。
覚悟しておいた方がいいこと
地域の病院や、大きな病院であると言語聴覚士を募集している事もありますが、
最近ではなかなか言語聴覚士を募集するところも少なくなってきているように感じます。
なので求人情報を見つけるのは早めにしておいた方が良いです。

ただ、これは地域を限定した時の話であり、限定しなければ、まだまだ数はあると思います。
給料・待遇
病院勤めなので、言語聴覚士としての給料はけっこういい方です。
月給30万円ちょっとという感じですね。
ですが、残業があったり、休日出勤があったりと忙しない月もあれば、特に何もなく過ごせる月もあるので慣れるまで大変な思いはしました。
この職業を目指す人へのメッセージ
言語聴覚士だけではないと思いますが、甘い仕事ではありません。楽することを覚えてしまうと、
そこで自分の成長は止まってしまいます。
楽な時は勉強すると言うくらいの意気込みが必要だと思います。
やりがいはとても大きくあると思います。辛いと思っていてもそのやりがいで何度も乗り越えることはできました。

どれだけ成長できるかは自分次第です。応援しています。