言語聴覚士の資格

言語聴覚士は資格が必要?

言語聴覚士は国家資格であり、「言語聴覚士」と名乗って仕事をするためには、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。

最近では言語聴覚士という職業の認知度が上がってきており、資格の名称をいうことで、だいたいどのような仕事をしているのかまでイメージしてもらえることが多いでしょう。

なお、言語聴覚士の資格は業務独占ではないため、決して資格がなければ言語聴覚士の業務ができないというわけではありません。

しかし、実際の医療機関や福祉施設などでは、「言語聴覚士」としての採用を行う場合には、国家資格の有資格者を前提に募集しているケースがほとんどです。

まれに国家試験に一発で合格できなかったとしても、国家試験合格を目指して勉強中の人であれば採用する病院などもありますが、国家資格なくして言語聴覚士がしている仕事に関わることは非常に難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

それだけ言語聴覚士の業務内容は専門性が高く、確かな医学やリハビリの知識、技術が求められるものだといえます。

言語聴覚士の仕事は他職種と分担して行われることも

しかし、医療や福祉の現場では、言語聴覚士の資格を持たない人でも言語聴覚士と同様の仕事をしているケースがあります。

たとえば、病院においては看護師が言語聴覚士の行う訓練のやり方を把握することで、言語聴覚士と分担してリハビリに携わることもあります。

言語聴覚士は医師や看護師などと異なり、ひとつの病院にたくさんのスタッフが在籍していることはほとんどありません。そのため、どうしても一人の患者さんに関われる時間というのは限られてしまいます。

そこで、看護師に訓練のやり方や流れを伝えておき、患者さんと接する機会の多い看護師に日常的な訓練は任せることによって、より効果的かつ効率的にリハビリを進めていけることがあります。

そのなかで、定期的に言語聴覚士が患者さんのもとに訪れ、その都度訓練を変えていったり、また様子を見ていくことで、患者さんに適したスムーズな訓練が実現できるといえます。

仕事体験談