構音障害とは

構音障害とは

構音(こうおん)とは「言葉を発すること」です。言いたい言葉が正しく発音できない状態のことを構音障害といいます。

原因などによって3種類に分けられます。

運動性構音障害

脳の損傷などによっておこり、脳卒中や事故の後遺症としてよくみられます。

話をするのに必要な神経や筋肉が損なわれることによって、「ろれつがまわらない」状態になります。

また、声がしゃがれたり発音が不明瞭になって、会話をしていても相手に話が伝わりづらくなります。

重度になると、「あ・い・う・え・お」の口の形もできなくなります。

脳卒中などの後遺症で起こる失語症とよく間違えられることがありますが、構音障害の場合は話すこと以外の「聞く・読む・書く」という言語能力は保たれています。

また、失語症は、言いたいことを言葉で考えることも難しくなりますが、構音障害ではそのようなことはありません。

機能性構音障害

病気や麻痺、口の中の異常やケガなどとは関係なく、発音がうまくいかない状態のことです。

原因ははっきりとわからず、幼少のころからみられます。

しかし、幼児の間は「あかちゃんことば」のように発音がうまくいかないことが多いので、見過ごされることがあります。

小学校高学年まで訓練をしないでいると、成人まで発音の異常が残るといわれています。

個人によってうまく発音できない音があり、そのほかの音は正常に発音できます。

たとえば、イの列「イ・キ・シ・チ・ニ・ヒ・ミ・リ」また、カ行やサ行、ラ行などに微妙なきしみのような音があらわれたりします。

また、特定の音が他の音に置き換わってしまう場合もあります。

器質性構音障害

口やのど、鼻などに何か病気などの問題があってうまく発音できない状態のことです。

原因としては、唇や口の上が裂ける口唇口蓋裂、舌の形に問題がある巨舌症や小舌症、脳性まひや聴覚障害があげられます。

仕事体験談