言語聴覚士は結婚・育児をしながら続けられる?

結婚後も続けられる職業

言語聴覚士として仕事に就き、その後、時間が経ってから結婚をする人は多くいます。

人によっては、結婚や出産を機に仕事を辞めたり、まったく違う職業で頑張っていったりする人もいますが、結婚・出産を経験してからも言語聴覚士を続けることは十分可能です。

言語聴覚士は女性もたくさん活躍しており、職場によっては育児休暇を積極的に取ることが推奨されているところもあります。

また長期的な休暇から復職するときに、スムーズに現場に戻れるよう、独自の研修体制が整えられている職場もあります。

そのような職場であれば、不安なく仕事に再び挑戦しやすいといえるでしょう。

職場を変えるのも一つの手

言語聴覚士として働き続けていきたいものの、結婚する前の職場であるとプライベートに十分な時間を確保することができなかったり、出産や育児をするにあたって不安が大きいと感じたりする人もいます。

そのような場合は、思いきって職場を変えてしまう方法もあります。

また、前線からは一歩退き、後方支援をするような言語聴覚士になっていったり、ゆったりとした時間を過ごすことができる福祉施設での言語聴覚士として働こうと考える人もいます。

ひとつの職場に固執さえしなければ、出産後に言語聴覚士として復帰できない理由はなくなるともいえるでしょう。

自分の時間を確保するために、正社員ではなく、あえてパートなどの勤務体系を選んで仕事を続ける人もいます。

医療職に対する育児の待遇は良いことが多い

一般的に、「医療職は忙しい」「プライベートをあまり充実させることができないのでは」というイメージがあるようです。

しかし、実際には職場にはよるものの、医療職の待遇はだんだんと良くなってきている傾向にあります。

とくに育児に関する待遇を充実させようとしている職場は増えているようです。

できれば同じ職場でずっと働き続けたいけれど、将来的に結婚して子どもを生みたいと考えている人は、育児やそれに伴う休暇についての待遇をよく確認し、就職先選びをすることもよいかもしれません。

仕事体験談