言語聴覚士になるための学校

言語聴覚士の養成学校で勉強をする

言語聴覚士として働くには国家資格を取得する必要がありますが、まずは国家試験の受験資格を得るために、文部科学省に指定された学校、あるいは都道府県知事が指定する養成所で学ばなくてはなりません。

これらの学校としては大学、短大、専門学校があり、いずれの場合でも、3年以上の課程を修了する必要があります。

一般の4年制大学を卒業している場合には、指定された大学や大学院の専攻科または2年制の専修学校を卒業することでも、言語聴覚士の国家試験受験資格を得ることができます。

この他にも言語聴覚士になるための方法はありますが、特定の学校で勉強をする道が最も一般的であり、スムーズに言語聴覚士を目指すことができるといえます。

言語聴覚士になるには大学に入るべき?

言語聴覚士の学校を選ぶとき、多くの人は、大学に通うべきか、それとも専門学校に進学したほうがよいのかで迷ってしまうようです。

この点については、どちらが絶対に良いと一概にいうことはできず、それぞれに異なる特徴やメリットがあります。

たとえば、専門学校では「就職」を視野に入れたカリキュラムが色濃く出ていることが多く、言語聴覚士にとって必要なことを特化して学びたいという人には向いているといえそうです。

3年制の学校を選べば、4年制の大学よりも早く現場に出るチャンスも得られます。

一方、大学では学生生活が長い分、いろいろなことにチャレンジする余裕できたり、専門的な勉強以外に、一般教養などを通じて見聞を広めやすい面もあるでしょう。

特定の学校に進み、きちんと勉強をしていれば、どのような学校を卒業しても国家試験に挑戦することができますが、通う学校によって在学中の過ごし方はだいぶ変わってくることもあるため、よく考えておく必要があります。

社会人から言語聴覚士になる人も多い

言語聴覚士をはじめとするリハビリ職や医療職は、社会人として別の仕事を経験したのちに、あらためて「この仕事に就きたい」と考え、そこから養成学校に通う人も少なくないようです。

社会人経験があっても不利になるということはなく、むしろ有利に働くことのほうが多いです。

たとえば、限られた時間で効率よく勉強を進めようとする意欲が強かったり、現場に出てからも社会人として身につけたコミュニケーション能力はおおいに発揮できます。

数はあまり多くありませんが、なかには夜間制で言語聴覚士を目指せる学校もあるため、昼間に仕事をしながら学校で学ぶことも不可能ではありません。

ただし、夜間の学校に進学した場合も、言語聴覚士の養成カリキュラムで必須とされる「実習」については昼間に行われるため、注意が必要です。

仕事体験談