言語聴覚士養成校で勉強すること

基礎的な医学知識、そして専門的な学問を修める

ひとくちに言語聴覚士の養成校といっても、学校によって、どのような内容を、どういった流れで学習していくかは変わってきます。

学校ごとにカリキュラムは異なるため、自分が学びたいと思えることがある学校を選んでいくことが大切になります。

一般的には、「解剖学」や「生理学」などの基礎的な医学知識を最初に学んでいき、学年が上がるごとに、「言語発達」や「聴覚障害」といった言語聴覚士としての専門性を持った科目を学んでいくことになるでしょう。

そのほか、聴力や言語、リハビリなどに関する選択科目というものもありますが、学校によってはそれほど数が多くなく、また学年が上がっていくにつれて減る傾向になるようです。

基礎的な医学の勉強は、一見、言語聴覚士の仕事とどのようにつながっていくのかわからないと思う部分もあるかもしれませんが、専門性の高い科目を学ぶうちに、すべては基礎の上に成り立っていることが理解でき、その重要性を実感するはずです。

そのため、基礎は疎かにしないことが大切です。

すべての内容を暗記する必要はありませんが、どこに何が記載されているかを知っておき、調べたいときに調べられるように勉強をしておく必要があるでしょう。

実際に業務を体験していく「実習」の存在も大きい

言語聴覚士として養成校で勉強をし、ある程度の知識を身につけると、実際に医療機関や施設などで言語聴覚士の業務を経験する「実習」が実施されます。

これは言語聴覚士になるためのカリキュラムで必須とされており、早ければ1年目から実習が行われる学校もあります。

また、実習は言語聴覚士の勉強のなかでも非常に重要なものであり、学校内では学ぶことのできないことを経験することができます。

当然、「実習生」という立場で現場に出るため社員ほどの責任はありませんが、直接病院の患者さんや施設の利用者さんと接することから、かなりの緊張感を味わうことになるでしょう。

実習がスタートすると、その内容の計画を自分で立てていったり、レポートを作成したりなど忙しい毎日がやってきます。

しかし、それを乗り越えたときの充実感と、そこから得られる自信は、座学など他の勉強方法ではとても味わえないものになることでしょう。

仕事体験談