芸能マネージャーの仕事内容

芸能活動のサポートを行う

芸能マネージャーは、俳優・女優やタレント、歌手などに付き、芸能活動がスムーズに行えるようマネジメントを行いながらサポートする仕事です。

具体的には、スケジュール管理やマスコミ各社への出演交渉、宣伝活動、オーディションの参加準備などを行っています。

芸能界は人気のアップダウンや競争が厳しい世界のため、継続的な人気を集めるためには、担当する芸能人をどのようにプロデュースしていくか戦略的に考え、売り込みをすることが大切です。

そして、芸能人を上手に管理・サポートしながら一人前のスターに育てていくことが、芸能マネージャーの役割です。

芸能人のよきパートナーとなる

また、担当する芸能人の悩みを聞いたりアドバイスをすることも、芸能マネージャーの大切な仕事です。

多忙なスケジュールの中、いつも大勢の人の前に立つ芸能人はストレスを抱えてしまうこともあるため、一番そばにいるマネージャーが精神的な支えとなる必要があります。

複数の芸能人を担当することが多い

芸能プロダクションやタレント事務所は、全体的に少数精鋭で運営している会社が多いです。そのため、マネージャー含めて個々のスタッフの能力がとても重要なものとなってきます。

会社の方針や規模にもよりますが、一人のマネージャーが10人ほどの芸能人を担当することや、マネージャーが付き人となって芸能人の送り迎えを行ったり、身の回りの世話をすることもあります。

このような場合はマネージャーの忙しさも半端なものではなく、朝も夜も走り回ることになるでしょう。

また、忙しい中でもイベント等に積極的に顔を出して業界関係者に挨拶をしたり、人脈を増やしたりしようとする努力も欠かせません。現場マネージャーからステップアップするとチーフマネージャーに昇格して、複数のマネージャーを統括する立場になるケースもあります。