芸能マネージャーになるには

芸能プロダクションへ入社

芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所で働いています。

そのため、まずはこれらの採用試験を受けて入社することが第一になりますが、学歴は一切問われないこともあれば、大手では大卒以上を条件としているところもあるなど、採用条件は各社によってまちまちです。

ただし、全体的に学歴や勉強の能力よりも、意欲や熱意、行動力などが重視されることのほうが多いです。

芸能界は上下関係など厳しい面もあり、特に芸能マネージャーの仕事は忙しく不規則な生活にもなりがちなため、本当にこの世界に入る覚悟を持っているのかどうかが強く問われます。

少し古めかしい言い方ですが、芸能マネージャーの仕事では「やる気」や「根性」が求められる場面も多々あるため、体育会系出身者が好まれるという声もあります。

逆に、もし学歴が不足していても、適性や熱意が認められれば採用してもらえるケースもあるようです。

養成学校に入学する道も

一般の高校や専門学校、大学を経て芸能プロダクションやタレント事務所の入社試験を受けるルートのほか、マネージャー養成コースのある専門学校で学び、芸能マネージャーを目指す方法もあります。

このような学校の中にはプロダクション等とのコネクションが強く、就職先を積極的に紹介してくれることもあるようですが、最終的にはやはり自分自身の熱意や意欲が必要となります。

下積み生活からスタート

芸能プロダクション入社後は、先輩マネージャーのアシスタントに付いたり、新人の芸能人を担当しながら仕事を覚えていきます。

担当芸能人が新人のうちは仕事量もそれほどないですが、彼らが成功できるかどうかはマネージャーの手腕にかかっているとも言えるため、必死で仕事をこなす毎日が続くでしょう。

中には、買い出しなど雑用ばかりこなさなければならないような時期を経験している人もいます。

経験を積んでマネージャーとしての実力が評価され始めると、徐々に人気芸能人を担当したり、担当芸能人の数が増えていくというのが一般的な流れとなっています。