芸能マネージャーの魅力

芸能人の魅力を引き出す

芸能マネージャーの主な仕事内容は、マスコミ各社に担当芸能人を売り込むことや、スケジュール管理、現場への付き添いといったマネジメント業務となりますが、一方では担当する芸能人の魅力を発見し、その生かし方を考えながら彼らの才能を伸ばしていくことも大事な役割です。

マネージャーはただ芸能人の世話をするだけでなく、ときには芸や演技、トークのアドバイスをすることもあります。

「ここはこうしたほうが良いんじゃない?」「今日の○○の演技は良かったよ」など、プロデューサー的な視点を持って芸能人と接することができるのも、マネージャーの仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、そのためにはマネージャー自身が視野を広げ、勉強を続けていくことも欠かせません。

芸能人の活躍をそばで見守ることができる

芸能人にとってのマネージャーとは、仕事の場において最も身近な存在となる、よきパートナー。信頼できるマネージャーがいてこそ、芸能人は安心して活躍できるのです。

そんな風に、自分の手で芸能人を支えることができるのがこの仕事のやりがいであり、魅力でもありますが、それを実感できるのはやはり一つの仕事が無事に終わったときです。

現場が終わったあと、関係者たちから「良かったよ!」と言ってもらえたり、出演作が世間で話題になっていたりすると、まるで自分のことのように喜びを感じられます。

決して目立つ仕事ではありませんが、陰で芸能界を支えているという実感がたくさん味わえるのは、芸能マネージャーの魅力です。