芸能マネージャーの面接

芸能プロダクションの面接

芸能マネージャーになるには、まずホームページなどで芸能プロダクションやタレント事務所のマネージャー募集情報を見つけて、応募することが第一歩となります。採用試験では最初に書類選考があり、それにパスすると面接に呼ばれる形が一般的な流れです。

この仕事では、学歴や経験よりも人間性やコミュニケーション能力などを重視されるため、面接の場でどれだけ自分の熱意や適性を伝えられるかが、合否を分ける重要なポイントとなるでしょう。

面接で気をつけるべきこと

芸能マネージャーは段取りの良さが求められる仕事です。そのため、遅刻するような時間にルーズな人は、その時点で落とされると考えておいたほうがよいでしょう。

どうしても避けられない事情がある場合は、早めに一報を入れておくなど機転を利かせた対処が必要です。

また、マネージャーは勤務時間が長くなったり深夜まで働くようなこともあるので、体力があることをアピールするのも重要です。

しかし、いくら口で「健康です」と言っていても、たとえば寝不足で顔色が悪かったり不健康そうな見た目だと「この仕事に耐えられないのではないか?」と思われてしまうので要注意。

仕事では人と接することや営業をすることも多いため、自信をもって明るくテキパキと話すことが大切です。

一見華やかに見える芸能界ですが、裏では上下関係が厳しく、一般企業と同様にビジネスマナーや一般常識も求められます。さらに、マネージャーはどんな人からも好かれるような雰囲気の人が望ましいです。

カジュアルな会社だとしても、面接時の服装はきちんとスーツで臨み、礼儀正しく対応することを心がけたほうがよいようです。