芸能マネージャーの一日

毎日のタイムスケジュールは異なる

芸能マネージャーは、毎日異なるタイムスケジュールで動く人がほとんどです。

メール確認や書類作成といったルーティンワークも一部ありますが、基本的にマネージャーは担当芸能人のその日の仕事内容に合わせて働くため、毎日違う現場に出かけることが多いですし、勤務時間も現場に合わせたものとなります。

また、テレビや映画の収録などは、日中に行われるとは限りません。そのため、早朝から深夜まで働く日もあれば、収録時間が予定よりも伸びてしまい徹夜で働くようなこともあります。

その日の現場が終われば芸能人は帰ることができますが、マネージャーはそこから会社に戻り、溜まった仕事をこなさなければならないということもあります。

<新人芸能人を担当するあるマネージャーのある1日>
10:00 出勤
前夜に届いたメール対応やスケジュール調整など

13:00 テレビ番組の収録に同行
収録中は合間をぬって、電話やメールで関係各所への営業活動に向けたアポ入れを行います

19:00 会社に戻り、社内で新人の売り込み方に関する打ち合わせ

20:00 担当芸能人の売り込みを兼ねた挨拶回り
夕方以降に出かけることもあります

22:30 外出先から直帰

現場に出ないマネージャーも

ただし、会社によっては現場に同行するマネージャーと、事務所でスケジュール管理や事務作業を中心に行うマネージャーを分けているケースもあります。

後者のマネージャーの場合、ある程度決まった勤務時間の中で働けるようですが、それでも一般の会社員よりは不規則な勤務スタイルとなるでしょう。

特に、複数の芸能人を担当する場合は、さらに多忙な毎日になりがちです。外に出なくてもマスコミ各社の対応や打ち合わせなどに追われ、休む間もなく働くような人も多いようです。