芸能人・タレントの役割

視聴率を稼ぐ

テレビなどのメディアが求める芸能人やタレントの役割は、番組を盛り上げて視聴率を取ることです。

そのためには、プロデューサーの言うことを聞かなければなりませんし、場合によってはスポンサーの意向に合わせた行動をする必要があります。

台本が存在している番組も珍しくなく、テレビ上で見せる姿と実際の姿がまったく違う芸能人もいます。

芸能人やタレントが優遇される理由には、数字(視聴率)が取れるというものがあります。

テレビや雑誌、映画では広告主(スポンサー)が出資することで番組が作られます。

広告主は自分の会社の宣伝のために広告費を出していますから、視聴率が低い番組では出資する意味がありません。

そのため、番組制作の場では視聴率の取れる人や話題性のある人を中心に起用します。

ただ、昨今は制作費の削減が進んでいますので、視聴率が取れても制作費に見合わないという理由で起用されないタレントは数多くいます。

企業やブランドのイメージアップ

企業が求める芸能人やタレントの役割は、会社、もしくは製品のイメージを上げるというものです。こういった場では、ターゲット層から見て好感度の高いタレントが起用されます。

起用されたタレントはCM出演料やスポンサー契約料として高いお金をもらいますが、同時にそのブランドイメージを損なわない行動が求められます。

イメージを落とす出来事が起こった場合には、契約打ち切りや違約金が発生する場合もあります。

人から注目される

映画の試写会や新商品発売イベントなどに芸能人やタレントが招かれることが多くあります。

この場合芸能人に求められる役割は、芸能人が来ることで注目度が増し、映画や商品の知名度が上がるということです。

こういった場では、芸能人は映画や商品に好意的な発言をして映画や商品をPRします。

もちろんこれらは一例です。この他にも芸能人・タレントにはさまざまな役割が求められています。