芸能人・タレントの仕事内容

一般的な仕事内容

一般的に広く認知されている仕事は、テレビ番組やドラマ、映画、雑誌に出ることですが、他にも新商品発売のPRや企業のイメージキャラクター、トークショー、講演会、パーティーへの出席など、さまざまなものがあります。

スポンサーのついている芸能人であれば、スポンサー主催のイベントやパーティーへの参加は仕事の1つです。

体力勝負の仕事も多い

華やかな仕事もありますが、地方のイベント出演やトークショー、営業回りなど、地味な仕事も多く存在します。

また、テレビ番組のロケでは、期間中に仕事を終わらせるために昼夜逆転の生活や雑用、1日10時間以上の仕事もこなします。

多くの場合、仕事内容は体力的にも時間的にもとてもハードです。自分が芸能人であるという自負と仕事に対する真剣さがないとこなせないでしょう。

好感度が大切

有名な芸能人ともなると、ドラマやCMなどで効率的に稼ぎますが、そこまで有名ではない芸能人の場合は、小さな仕事をコンスタンスにこなします。

たとえば、テレビ番組への出演、地域のイベント、講演会、トークショー、企業のイベント、声優業、司会業などです。

とくに企業のイベントは芸能人にとってはテレビや映画、雑誌以外では大きな収入の1つです。

しかし、企業のイベントに呼んでもらうためには、好感度が高く企業にとって好ましい人材でなければなりません。一度でも悪いイメージがついた芸能人は、敬遠される傾向にあります。

副業をする人も多い

最近は本業以外にも本を出版したり、歌手や声優に挑戦したり、カフェやセレクトショップ、ファッション関係のプロデュースをしたりする芸能人が増えています。

こういった副業は時に本業を上回る収入を出すことがありますが、数年で閉めてしまうことも多いのが実情です。