芸能人・タレントのオーディション

オーディションとは

芸能人やタレントとして活動するためにはオーディションを受ける必要があります。

オーディションは一般企業で言う「面接」と同じです。事務所のオーディションであれば事務所の求める人材を、役柄のオーディションであれば監督のイメージに合った人材を探すために開催されます。

オーディションの情報は、公募のものであれば雑誌やインターネットで調べられます。

しかし、中には事務所や劇団に所属していないと受けられないオーディションもあります。

プロフィール写真は大切な要素

一般的なオーディションでは一時審査として書類選考があり、写真と履歴書を送ることになります。

最近はデジカメの普及からスナップ写真を同封する人が多くなっているようですが、審査員の印象としてはスナップ写真よりも写真館で撮った写真のほうが遥かに上です。

写真館で撮った写真は何度も使い回しがききますので、本気で芸能界を目指すのであれば1枚は撮っておきたいところです。

写真館によってはプロフィール写真を専門に扱うところもあり、中にはオーディション関係の写真が得意な写真館もあります。

こういった写真館は「ここの写真は書類選考に通りやすい」と口コミで話題になり、遠方からも多くの人が来ます。

オーディションで落ちやすい人

オーディションで必ず落ちるタイプの人がいます。それは一般常識がない人、とんちんかんな受け答えで会話が成り立たない人です。

こういった人たちは、いくらオーディションを重ねても受からないといわれます。身に覚えのある人は注意しましょう。

養成所のオーディション

一般的に、養成所のオーディションはよほど問題のある人でない限り受かるといわれています。

これは養成所のオーディションは仕事のオーディションではなく、芸能人になりたい人が通うスクールに入るためのオーディションだからです。

ただ、大手養成所の中には受け入れ人数に限りがあるため審査基準を厳格化しているところもあります。こういった事務所のオーディションは、他の事務所のものと比べて狭き門となっています。