芸能人・タレントのつらいこと、悩み

何が成功なのかわからない

一般企業であれば、プロジェクトが成功を収めた・販売数が上昇した・昇進したなどとある程度成功の形が見えてくるでしょう。

しかしながら、芸能人やタレントは何を持って成功とするのかわからないところがあります。

もちろん番組の視聴率や評判などで判断することもできますが、自分の中でどの程度の演技ができたから成功・不成功かは判断できないからです。

ですから芸能活動を続けていると、一流大物芸能人や有名女優と世間から騒がれている自分の存在がわからなくなってしまうこともあるのです。

何を持って自分は成功したと言えるのか、芸能人・タレントとして成功を収めるにはどうしたらよいのかは悩ましいテーマとなっていくことでしょう。

仕事とプライベートの境界線があいまい

8:30に出勤して17:00に仕事が終わるという規則正しい勤務時間ではないのが、芸能人やタレントの宿命です。

当然、仕事が忙しいときはプライベートの時間が極端に減りますし、プライベートなのに一般の方々に騒がれたりと気の休まるときがないというのが正直なところかもしれません。

また番組を収録・生中継する前やドラマ撮影期間中は、プライベートの時間を削って台本の暗記に努める人もたくさんいます。

芸能人やタレントになったら、仕事とプライベートの境界線があいまいになるのは覚悟しておきましょう。

独特な人間関係

一般企業にも先輩・後輩の人間関係はありますが、芸能界は少し独特の関係性があるようです。

もちろん先輩・後輩の関係性はありますが、それとは他にモデル・俳優・お笑い芸人などのジャンルごとの派閥があるなど非常に複雑な場合もあります。

その上芸能界では誰もがライバルなので、嫉妬やライバル心が芽生えやすく対立してしまうことも珍しいことではありません。

「また、この人と共演しなくちゃいけないのかぁ〜」と頭を抱えることも、実際にあると聞きます。