お笑い芸人の役得

売れない時代の過ごし方

お笑い芸人という仕事は、非常に魅力的です。一般的な職業ではなかなかできないことを経験できます。

たとえば、仕事で日本中・世界中に巡ることができたり、普通では行けない場所にロケで行けたり、とその役得はたくさんあります。

そして、有名人ならではの役得といえば、何と言っても周囲にチヤホヤされるということです。

まだ無名のお笑い芸人は、「そんな役得を早く手にしたい!」というハングリー精神を胸に下積み時代を過ごすのです。

「役得」と聞くと、不健全なイメージがありますが、お笑いの世界で成功するには、売れた後の自分を想像しながら売れない時代を過ごすことが必要です。

役得と注意点

しかしながら、人気芸人になった後、チヤホヤされる環境になり天狗になってはいけません。

たしかに、有名芸能人に仲間入りができれば、調子に乗りやすくなるかもしれません。

ブレイクした後、天狗になり、仕事の現場現場でわがままし放題をしていると、やがてスタッフや周りの芸人・タレントから距離を置かれてしまい、仕事の数も減ってしまいます。

どんな環境でも、お笑い芸人は芸を追求し続けなければなりません。ひたむきにお笑いに取り組むことが、芸人としての本質的な仕事なのです。

お笑い芸人一番の役得

お笑い芸人の一番の役得は、憧れの芸人と共に仕事ができるということではないでしょうか。

芸人を目指す者には「こんな芸人みたいになりたい!」という思いがきっとあることでしょう。

かつてテレビや劇場など、自分から遠い距離で輝いていたお笑い芸人と、同じ土俵で笑いを生み出していく幸福感は、何物にも変えがたい人生の思い出となるはずです。

芸人として成功した暁には、このようなさまざまな魅力溢れる時間が待っています。

成功するのは決して簡単ではありませんが、だからこそやりがいのある職業だといえます。