お笑い芸人の仕事内容

芸を披露できるまで

お笑い芸人の仕事は、一言で言うと「人を笑わせること」です。ギャグ・漫才・コント・漫談・落語・芝居・トーク・体を張ったもの、などその方法はたくさんあります。

自分がどの分野が得意なのか、どの分野ならば人を笑わせることができるか、をきちんと見極めることが非常に大事になってきます。

所属事務所の先輩芸人や、放送作家・コント作家、マネージャーなどと相談しながら、その分野をしっかりと見極めた上で、いろんなネタを作っていくことが必要です。

そして、そのネタを持って、テレビのお笑い番組・お笑いライブなどのオーディションを受けます。

お笑いブームが去ったとも言われている時代ですが、それでも数多くの若手芸人、まだ世に顔を知られていない芸人がいます。

そんななかから、オーディションで見事合格を勝ち取って、やっと活躍の場・芸を披露できる状況が与えられるわけです。

一発勝負の仕事の場

しかしながら、芸を披露しても、それがまったくウケなかったり、稽古の時の力を思う存分出すことができなかったら、次の仕事に繋がらないでしょう。

まれに、その姿をおもしろがってくれる先輩芸人、たとえば、テレビ番組の司会をしている芸人やライブ主催者などがいてくれて、可愛がってくれ、次の仕事に繋がることもあります。

しかし、そんなことはめったにありません。

なので、芸を披露する場、テレビやライブなどに出場した際は、「一発勝負」と考えて、ネタをやらなければなりません。

どんな状況でも確実に笑いを取る、というのが芸人の仕事なのです。

芸人が活躍する場

「こいつはおもしろい!」と世間に知れ渡ると、さまざまな仕事が入ってきます。

まずは、「営業」と呼ばれる仕事があります。大学の文化祭や、パーティなどでの余興などの仕事です。

若手芸人で、1本の仕事の単価が安い時代には、このような仕事が数多く入ります。

この場合、一度テレビなどに出演し、ある程度の知名度があるお笑い芸人であるほど、多くのオファーをいただくことができるでしょう。

また、テレビ・雑誌などのメディアに出ないお笑い芸人の場合は、「寄席」と呼ばれる漫才や漫談・手品・芝居などを披露する劇場が主な仕事場となります。

劇場での仕事をメインにしているお笑い芸人は、いつもお客さんを目の前にして、芸をするので、「ウケているかウケていないか」「今日のお客さんは、女性が多いから、このネタにしよう」などの臨機応変に対応できる力を持っています。

お笑い芸人は、テレビだけではなく、さまざまな場所で活躍しています。