お笑い芸人に向いている人、適性

ハングリー精神がある

今、テレビや劇場などで活躍しているお笑い芸人の共通点はたくさんあります。

目立ちたい・有名になりたい・お金持ちになりたい、など、若手芸人の無名時代にはすべてのお笑い芸人が思っていたことでしょう。

そういったハングリー精神をもった人でなければ、芸人に向いているとはいえません。

有象無象がいる芸能界で、名を残すには誰に何を言われても自分の道を突き通していく、という頑固さも必要になってきます。

しかしながら、ハングリー精神や頑固さを持ち合わせていても、根本的に必要なある能力が備わっていないと、ただそれは「独りよがりのわがまま」に終わってしまいます。

空気を読む力

その能力とは、「空気を読む力」です。

劇場などでのライブでは、客層によって披露する漫才やコントを変えたり、テレビ番組での収録では、機転を利かして場を盛り上げたりする能力、それが空気を読む力です。

自分が面白いと思ったネタで、たとえそれが面白いネタだったとしても、空気を読まずに披露したところで、まったくウケないのがオチです。

たとえば、「これは男性向きのネタ」だと思うならば、女性が大半を占めるライブで披露しても客席から笑いが聞こえてくることはないでしょう。

周りをみて、「今がどういう状況なのか?」「今、何を求められているのか?」を瞬時に読み取れる人間が、笑いを生み出すことに向いているといえるでしょう。

笑いが心底好きな人

そして、何といっても大事なのが、「笑いが好きな人」はお笑い芸人に向いているといえます。

自分が作った漫才やコントを、先輩芸人や作家に酷評されるという状況は幾度となくやってきます。そこでも、ただヘコんでいるだけでは次に繋がりません。

そこからネタを繰り返し、改良していくことによって、面白くて人を楽しませる芸が産み出されるのです。

ですから、お笑いが心底好きな人でなければ、ネタ作りという根気のいる作業は続かないでしょう。