お笑い芸人のつらいこと、大変なこと、苦労

不安定な収入

お笑い芸人がもっとも苦労するのはやはり収入が不安定であるという点ではないでしょうか。

3〜5年たってもまったく芽がでなければ才能がないと断念せざるを得ないでしょうが、アルバイトとかけもちしながらでも芸人としての仕事がある場合はたとえ収入が少なくてもそのまま継続するでしょう。

また、いったんブレイクしても常に安定した収入があるとはかぎりません。

売れているお笑い芸人の方でもいつ仕事がなくなるかはまったくわかりませんから、一般のサラリーマンなどと比べると不安定な収入に対する苦労は多くあります。

不規則な時間

テレビ番組の収録にしても地方への営業にしても、時間どおりに進行する場合もあれば、大幅にずれこむこともあります。

急にブレイクすると寝る時間もないほど忙しくなりますが、なにかのきっかけでまったく仕事がなくなってしまうことも珍しくありません。

売れているお笑い芸人の方でも不規則な面もあるでしょうから、仕事の時間に関してはつらいとは思わず慣れるしかないのかもしれません。

プライバシーの問題

スマートフォンやSNSなどの普及によって動画や写真がインターネット上で拡散しやすくなり、お笑い芸人などテレビで活躍するタレントのプライバシーが問題になることがあります。

自分がされて嫌なことはたとえ有名人であっても同じです。

人気商売ですからプライベートでまったく無愛想にするわけにはいかないかもしれませんが、度を越すような侵害がある場合は適切な対応が必要かもしれません。

ネタがウケなかったとき

どんなに収入が不安定でも時間が不規則でも、お笑い芸人が仕事を続ける理由は、ネタがウケたときの喜びがなにものにも代えがたいからではないでしょうか。

反面ネタがウケなかったときはとても落ち込みます。

どうしてスベってしまったのか、お互い相方のせいにしてコンビ仲にヒビが入ることもあるといいます。

身近な存在の客観的な感想や意見を参考にしながら、おもしろいネタができると自分自身で信念を強くもつことも必要かもしれません。

見えない苦労

お笑い芸人という職業は常に笑いを提供するという責務があります。

どんなにつらいことがあっても裏で苦労をしていても、表に立つときは楽しい存在でなければなりません。

ストレスがたまるようなことがあったとしても笑い話として昇華してネタにするぐらいでなければお笑い芸人はつとまりません。

人気のあるお笑い芸人であればあるほど本当の苦労は自ら口にすることはないでしょう。