お笑い芸人の給料・年収

ハイリスクな仕事

お笑い芸人は、非常に夢のある仕事です。

テレビや劇場で活躍できるお笑い芸人になると、年収は数千万円〜数億円まで稼ぐことができるからです。

一攫千金、成功すると普通の仕事では体験することができない生活が待っているといっても過言ではないでしょう。

しかし、それは一握りの芸人であるともいえます。

お笑いを仕事として生活をしていけるお笑い芸人は、ほんの少数と考えた方がいいでしょう。ブレイクするまでアルバイトを続けながら生計を立てている芸人がほとんどです。

夢のある仕事ではありますが、一方で非常にリスクが高く不安定な仕事です。

一時は仕事のオファーがたくさんあった芸人でも、時が過ぎると仕事がまったくなくなってしまうということも多々あります。

常に笑いと向き合い、どうすれば生き残れるか?を考え続けなければならない仕事だということです。

お笑い芸人は人気商売

もちろん、例外はありますが、一般的に芸人のギャランティは、歩合制と給料制で所属事務所と契約をします。

歩合制とは、仕事数だけギャラが貰え、給料制とは、仕事数に関係なく一定のギャラをもらえる制度のことです。

これは所属事務所によっても異なりますが、若手時代は1回の舞台の出演料が数百円〜数千円が相場です。

そこからギャランティを増やしていくには、文字通り面白くなり、ファンの数を増やすしかないのです。

人気がなければ、舞台に立つことさえできなくなります。ファン数が増えてくれば、事務所との交渉・相談を経て、徐々にギャランティも仕事数も増えていきます。

芸人とは人気商売ですので、ギャランティは、どれだけお客さんを呼べるかにかかっているのです。

漫才やコント、キャラクターからトーク力、芸人としての華まで、さまざまな技術や能力があってこそ、人気が出るといってよいでしょう。

当たり前のことではありますが、高収入を得るためには、お笑いを極めるということにつきるのです。