お笑い芸人の需要、採用募集状況

ニーズに応えられるかどうか

数年前にピークを迎えたといわれる「お笑いブーム」ですが、現在でもお笑い芸人のニーズはたくさんあります。

テレビのバラエティ番組はもちろんのこと、芸能事務所などが持っている劇場や、ライブハウスでは日々、オーディションが行われ、番組制作者やライブ主催者は、芸人を求めていると言って良いでしょう。

ここで大事なのは、「今まで見たことのない笑い」を届ける芸人ということです。

過去に、たとえば、テレビ番組で活躍している芸人と同じキャラクターやネタをする芸人は求められないでしょう。

つまり、芸人へのニーズがいくらあったとしても、現在のお笑いのまねごとをしているだけでは、いつまでたっても仕事は来ないということです。

新しい笑いを提供できる芸人でなければ、そのニーズに応えることはできないでしょう。

基礎が出来てこそ

新しい笑いを提供できる芸人が重宝される、という旨を書きましたが、ここで注意しないといけない点があります。

それは、基本がしっかりとできているかどうかということです。

いくら新しく、斬新で、誰も見たことがないキャラクター・漫才・コントを確率したとしても、それ以前に、根本的な笑いの基礎が備わっていないといけません。

現在放送されているバラエティ番組や、活躍しているお笑い芸人の漫才・コントをしっかりと見て、笑いの基礎を徹底的に叩き込んだ芸人こそが、ニーズに応えられ、さらに息長く活躍できる芸人ということです。

門戸は広いが、仕事までが大変

では、どのような方法でお笑い芸人になれるのか、という点を具体的に紹介します。

まず第一に挙げるならば、お笑い養成所に通うことです。各芸能事務所が開いている養成所の試験や面接、事務所によっては実技審査等を受けます。そこで合格すると、養成所に入ることができます。

一概には言えませんが、養成所に入ることはそんなに難しくはありません。ですので、芸人になるのは非常に簡単ですが、そこから仕事をいただくまでが難しいです。

弟子入りし芸人になる

そして、次に挙げるならば、現在既に活躍している芸人に弟子入りする方法です。今でも、寄席を中心に活躍している芸人は、弟子を取っている方がいらっしゃいます。

もちろん、テレビで活躍中の芸人でも、弟子を取ってらっしゃる方もいます。

尊敬する芸人や憧れの芸人の出待ち(スタジオやテレビ局・劇場から出てくるのを待ち受けること)をしたり、また落語家の場合は自宅に尋ねたりして、自分の気持ちを伝えます。

しかし、仕事などで芸人は多忙ですし、弟子志願をする者は数多くいるので、志願をしたからといって、すぐに弟子になれません。

既に弟子の数が足りていて、弟子入りを断られることも多々あるでしょう。

ですから、弟子入りからお笑い芸人になるのは、非常に門戸が狭いといえます。

しかしながら、見事に弟子入りが出来た際は、師匠の生活に密着して、その芸や生き様を見ることができるのです。これは、一番の芸の肥やしです。

このように、人気の職業である芸人は、「求人」があるわけではありません。養成所に通うにしろ、弟子入りをするにしろ、すべては自分が歩みだすことによって、スタートする職業なのです。