お笑い芸人になるには

すぐになれる「お笑い芸人」という肩書き

お笑い芸人になるのは実は、非常に簡単です。

「私は、お笑い芸人です」と名乗ったその日から、誰でもいつでもどこでも、芸人になることができます。

しかしながら、テレビやラジオ・映画・雑誌などメディア、劇場やライブハウスなどの寄席・ライブで活躍する芸人、つまり、「お笑い」で生計を立てている職業としての「芸人」になるにはそう簡単にはいきません。

「芸人」と名乗ったとしても、笑いという技術を学んだり、身につけなければ、お客さんに笑いを提供することはできないですし、仕事のオファーもなかなか来ないでしょう。

笑いの世界に身を投じること

では、どうすればその技術を身につけることができるのでしょうか。

テレビや舞台で活躍している芸人のトークや漫才をひたすら見て勉強し、身につけるという方法もあります。

しかしながら、それだけではなかなかその芸が血となり肉となることはありません。まずは、お笑いの世界に身を投じ、身体全部を使って、芸を勉強する必要があります。

そこで、ひとつの方法としてあるのが、芸能事務所が開いている芸人養成所に入ったり、現在活躍している芸人に弟子入りするということです。

そうすることによって、自分の芸を評価してくれる先輩、あるいは、師匠に出会えます。また、ライバルの芸人にも出会えるでしょう。

また、お笑いで生計を立てている「職業としての芸人」が身近にいることで、学べることが多いはずです。

芸を盗む

お笑い芸人で生計を立てている人は、24時間ずっと面白いことを考えている、といっても過言ではないでしょう。

面白いことにアンテナを張っているのです。そんな人々の一挙手一投足を逃さずに、「芸を盗んでやる」という思いでいると、自分の身にその芸が身に付くはずです。

最初は、自分の芸が認められることは少ないかもしれません。しかしながら、そこでくじけず、諦めず、それでも笑いを貪欲に追求していける人間が、笑いで生計を立てられ、職業としての「お笑い芸人」を名乗ることができるのです。

芸人養成所に入る

次に、「笑いの世界への身の投じ方」を具体的に紹介していきます。まずは、芸人養成所に入ることです。

今、テレビなどで活躍している若手から中堅芸人のほとんどが養成所出身です。

養成所には、芸人を目指す者が集まっています。学校や私生活で「自分は笑いに自信がある」と一度は思った人たちばかりです。

同じ志を持ったライバルのなかで、ネタ見せやオーディションをすることで、自分の芸を磨いていくことができます。

また、養成所では相方を見つけることも可能です。

漠然と「お笑いがやりたい」と思っているが相方がいない人でも、この養成所に入れば、自分と同じセンスの持ち主や、自分の笑いを作り上げるための相方を見つけることもできるでしょう。

弟子入りする

他にも、笑いの世界へ入るために、弟子入りするという方法があります。劇場やテレビで活躍している芸人を師匠とし、そこに弟子入りするのです。

弟子入りの仕方は、各師匠によってさまざまな方法がありますが、基本的には直談判です。

出待ちや入り待ち、あるいは、落語家の場合は自宅に訪問し、「弟子にして下さい」と文字通り弟子入り志願するのです。

弟子入り後は、師匠に張り付いた生活が続きます。

鞄持ちから車の運転、衣装の片付けまで、師匠の身の回りの世話をしながら、ネタ・生き様までをも勉強していくのです。

私生活はほぼなくなると考えたほうがよいでしょう。ですので、弟子入りをする場合は、無論、誰に弟子入りするか?をよく考えなければなりません。

むしろ、「この師匠じゃなきゃ弟子入りしたくない!」ぐらいの師匠への思いがないとダメでしょう。