お笑い芸人の1日

スケジュールはさまざま

ひとくちにお笑い芸人といいましても、たくさんのテレビ番組に出演する方から、いつかブレイクすることを夢見てアルバイトをしながら下積み生活を続ける方までさまざまです。

活躍する場所も、テレビやラジオはもちろんライブ会場やイベント会場、インターネットなどいろいろあり、仕事の内容も千差万別ですから、お笑い芸人の平均的なスケジュールというものはありません。

ただ、たとえばこんな1日を過ごすお笑い芸人の方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

12:00 Aライブ会場・出演

所属する事務所が運営する劇場に到着します。

関係者に挨拶し、衣装に着替えメイクをして、すぐに本番。10分間の漫才を披露します。持ちネタのひとつなので相方との息もぴったりです。

13:00 Bライブ会場・出演

別の劇場に移動して、すぐに本番。

さきほどとは異なる持ちネタで10分間の漫才を披露します。

14:00 ネタ稽古・取材

事務所に移動して、新しいネタの稽古。そのあと雑誌の取材を受けます。

15:00 Cライブ会場・出演

さらに別の劇場に移動して、新しい漫才を初披露します。

お客さんの反応をみて、少し手直しが必要と実感しました。相方ともやり取りして、改訂版を作成。合間に台本を覚え直します。

16:00 テレビ番組・収録

テレビ局のスタジオに移動して、バラエティ番組の収録です。

食事をとり、衣装に着替えてメイク。関係者に挨拶し、リハーサルから本番までとどこおりなく終了しました。

19:00 Dライブ会場・出演

また別の劇場に移動して、新しい漫才の改訂版を披露します。

どうにか間違わず、お客さんの反応もさきほどより好感触でひと安心です。

20:00 打ち合わせ・稽古

事務所に戻り、関係者と今後の仕事の打ち合わせ。

仕事終了後は飲みに行ったり、翌日に備えてコントの稽古をしたりします。