お笑い芸人のスクール・養成校・学校

芸人養成所

お笑い芸人になりたい、と漠然と思っていても、もちろん仕事はまったく入ってきません。それどころか、自分自身が面白いのかどうか、さえもわかりません。

そこで、お笑い芸人になる道のひとつの方法として、芸能プロダクションが開いている養成所・スクールがあります。

各養成所によってシステムはさまざまですが、たいていの場合、まずは養成所に入るための試験があります。

試験では、お笑い芸人の特性があるかを見極める面接や、実際に漫才・コント・漫談などの芸を披露する実技などがあります。

そこで合格すると、一定の期間(半年や1年間)の芸人養育生となり、仕事が来る芸人になるための基本を学ぶことができます。

養成所での勉強とは?

養成所によってもそのカリキュラムはさまざまですが、発声練習やダンスなどその内容はお笑い以外の分野も学びます。

一見、「そんなことをしても無駄だ」と思われがちなのですが、お笑いをやる上で、基礎の基礎、土台となることですので、身につけておいて損はないでしょう。

一方、お笑いについてはどのように学ぶのかというと、基本的には「ネタ見せ」という自分たちで作って来たネタを養成所の先生に見せて、先生からアドバイスをもらう、という流れが一般的です。

アドバイスをどう活かすか?

養成所の先生には、コントや漫才を専門に書く作家や、現在活躍している事務所の先輩芸人などがいます。

笑いを仕事としているプロからのアドバイスをどのように受け取り、自分の笑いにしていくか、というのも非常に重要なポイントになります。

他人の意見をまったく無視し続け、自分の芸に還元しないのは無論ダメですが、その意見を鵜呑みにし、言われるがままのことをしていても本来の良さがなくなってしまいます。

アドバイスを受け入れながら、ネタと向き合い、自分しか書けないネタを作り上げていくことが、養成所で経験できる最大のメリットといえるでしょう。

周りにいるライバルたち

養成所のメリットは他にもあります。それは、「お笑い芸人」になりたい人々が身近にいる、という点です。

漠然と「お笑いがやりたい」と思っているが相方がいない人は、養成所で会い方を見つけることもできます。

また「笑いで食べていきたい」と思っている面々は、仲間でもありますがライバルでもあるのです。

ライバルが身近にいることで、刺激に満ちた日々を過ごすことができるでしょう。

「同期のなかで一番早く売れてやろう!」という闘争心やハングリー精神が、ネタ作りに反映されることは言うまでもありません。

養成所でどう過ごすか?

養成所の魅力として、忘れてはならないのが、面白い人物と出会えることです。同期や先輩・後輩のなかに、今まで見たことのない面白さを持つ人物は必ずいるはずです。

その面白さを間近で感じられることは、笑いが好きでたまらない人間にとってはとても良い経験となるのです。

ライバルの面白さを認め、そこから芸を盗むのは、自分の芸を見つめ直すチャンスです。

お笑い業界への第一歩としての養成所やスクールで、どのように時間を過ごすかで、芸人人生が大きく変わってくるといってもいいかもしれません。