お笑い芸人になるために勉強すること

お笑いの基礎

お笑い芸人にはさまざまな活躍の場がありますが、職種はおおむねタレントであり、パフォーマーとしてのプロ意識が求められます。

人前でパフォーマンスをするためには、まずは挨拶が重要であることを学ぶ必要があります。大きな声で元気よく発声できるようになりましょう。

そのほか業界関係者や仕事の現場における礼儀作法や身だしなみ、服装などもおろそかにできません。

お笑い芸人はなおさら社会人として基本的なマナーを重要視されると思ったほうがいいでしょう。

またお笑いについての知識も勉強する必要があります。コメディの歴史やお笑い用語、台本の読み方、さまざまなお笑い論などが考えられるでしょう。

お笑いの応用

実際にお笑い芸人が身につけるべきことは、漫才やコントなどのネタ作りとバラエティ番組などでのふるまい方です。

ただそれらを身につけるためには段階をふんだほうがいいでしょう。

そのために数あるお笑い養成所でカリキュラムとして組まれているのが、ヴォイストレーニングや演技、ダンスといった授業です。

発声法や筋肉、表情といった身体の動かし方、感情解放、リズム感などエチュードやダンス、日本舞踊といったさまざまな表現方法をとおしてパフォーマーとしてのテクニックを学びます。

お笑いの実践

ここからさきはプロとして仕事をするときにも実際に繰り返す作業です。

漫才やコントなどのネタを作り、ネタ見せをして、反省点があれば修正します。また、バラエティ番組のシミュレーションをしてふるまい方を身につけます。

お笑い芸人になるための勉強はある程度までは独学でもできるかもしれませんが、実践もふくめて実際にプロとして仕事をすることを考えると、養成所に通うか少なくとも芸能事務所のオーディションを受ける必要があるでしょう。