お笑い芸人のオーディション

オーディションがすべて

若手芸人が、まず挑むのがオーディションです。

テレビ番組のモノマネなどの一発芸や、ライブ出演を懸けた漫才など、さまざまなジャンルのオーディションがあります。

日々の芸人生活で培った芸、ギャグや漫才のネタなどをそのオーディションで披露し、番組制作者やライブ主催者に「おもしろい」と思わし、合格をもらえて、やっと世間にそのネタを披露できる場が獲得できます。

人気のお笑い芸人になるには、オーディションに合格するか否かが、すべてといってもよいでしょう。

ここで、大事なのはやはりどのオーディションにどんなネタをぶつけていくか、ということです。

いくら面白いと自己判断したネタでも、闇雲にオーディションにかけてしまっては、なかなか合格することはできないでしょう。

何が求められているかを考える

「このオーディションは、何の番組のオーディションなのか?」ということをきちんと考えて、受ける必要があるあります。

たとえば、その番組が、ゴールデンタイムの放送か、深夜帯での放送かで、合格するネタは変わってきます。

子ども向けのネタなのか、大人向けのネタなのか、きちんと判断した上で、オーディションにかけるネタを作らないといけません。

作ったネタを、行き当たりばったりのオーディションで試したとしても、なかなか合格することはないでしょう。

しっかりと照準を定めてから、ネタを作ると良い結果が少しでも早く届くかもしれません。

ネタとトーク

オーディションでは、どんなことをするのでしょうか?

ここでは、一般的なオーディションの話を紹介します。

まず第一に、ネタです。漫才やコント・漫談から一発ギャグまで、さまざまなジャンルがありますが、後にも先にもまずはネタです。

「ネタが面白いかどうか?」そして、「オーディション開催側が要求しているネタかどうか?」が問われます。

また、最近のバラエティ番組やネタライブで求められることのひとつとして、トーク力があります。

ですので、ネタが面白いと認知されると、次はフリートークができるかどうかがオーディションで試されることもあるでしょう。

オーディションを受けるお笑い芸人は、数多くいます。ですから、芸人一組に割かれる時間は非常に短いです。

その短い中で、面白い話を披露する技術をきちんと身につけておいた方がよいでしょう。

キャラクターも大事

また、オーディションでネタが合格点ギリギリでも、合格になることもあります。

面白いキャラクター・今まで見たことのないキャラクターを持っている芸人なら、その可能性があるでしょう。

出で立ち・雰囲気・顔立ちなど、自分自身から醸し出されるキャラクターが、芸に繋がることがあるのです。そのキャラクターが光っていれば、そこに目をつけてくれるかもしれません。

今、活躍している芸人は、すべてがオーディションから道を切り開いていると言っても過言ではありません。

有象無象がいる芸人の中から、勝ち上がってきた彼らには、「ネタ」「トーク力」「キャラクター」がきちんと備わっているのです。