女性の芸術家

歴史に残る女性芸術家は少ない

世界で歴史に残る有名な画家といえば、ピカソ、ゴッホ、ダ・ヴィンチをはじめ、誰でも問われれば数名の名前を挙げることができるでしょう。

彫刻家ではミケランジェロやロダンなどが思い浮かぶでしょうか。

これらの芸術家はすべて男性であり、女性の芸術家といえば、その国の中で活躍した人は数名いても、全世界で誰もが知っているほど著名な人は存在していません。

これは、女性は男性に比べてセンスや創造性が劣っているからかというと、そうではないでしょう。

昔から才能豊かな女性は数多くいたはずですが、「女性は子どもを生み育てるもの」とする考え方に飲まれ、思い通りに作品を制作して世間に認められるというチャンスのないまま、生涯を終えてしまったと推測されます。

女性ならではの芸術への強みとは

翻って現代の日本で考えると、女性にも男性と平等にチャンスが与えられ、たとえ結婚や出産を経験したとしても、夫の理解を得て創作活動を行うことは充分可能な恵まれた環境だといえるでしょう。

もともと芸術が好きでもアート業界に進むことなく、結婚前には一般的な事務職などをしていた女性が、専業主婦になったことをきっかけに芸術作品の創作に励むようになるというケースもあります。

女性ならではの持ち前の繊細さ、やさしさや母性に加え、出産という男性にはできない経験を通して信念や芸術的感覚に磨きがかかり、作品にも深みが出ることでしょう。

世界活躍する日本人の女性芸術家

世界のアート業界で活躍する日本人の女性芸術家は増加の傾向にあり、日本人女性独特の繊細な感覚が支持されています。

もっとも有名なところでは、水玉模様のモチーフで知られる草間彌生氏は画家や彫刻家として世界的に活躍し、有名ブランドとのコラボレーションなどで若い世代にも浸透。

また、墨による抽象表現が評価されている前衛芸術家、篠田桃紅氏は、戦後間もなく渡米し、100歳を超える現在では世界の名だたる美術館に作品が収蔵される大家となりました。