ガス会社社員に必要な資格、スキル

入社前に資格は必要なし

新卒の場合、ガス会社社員として働くうえで、入社前に絶対に必要とされる資格は基本的にありません。

入社後に、配属部門によって特定の資格取得を推奨されることもありますが、それらは実務経験を通じてスキルを身につけたり、会社の研修を受けたりして取得を目指すことができます。

なお、人材育制度の一環として「資格取得支援制度」を整えている企業も多く、会社のサポートを受けながら積極的に勉強してスキルアップしていける環境があるといえます。

ガス会社の仕事は専門的な要素も強いため、入社後に知識を身につけようとする姿勢は大切です。

業務で必要とされるスキル

ガス会社の仕事はさまざまありますが、各職種において必要とされる資格・スキルは少し異なります。

営業職というと、一般的にはコミュニケーション能力が求められる仕事といわれますが、ガス会社の営業であれば技術面についての知識も持っている必要があります。

資格としては、都市ガス会社で生かせる「ガス主任技術者」のほか、プロパンガスも扱っている会社であれば「液化石油ガス設備士」「高圧ガス販売主任者第2種」といったものが基礎的なものとして認知されています。

また、企業によっては車を使って営業するために「普通自動車の免許証」が求められることもあります。

理系の技術職であれば「ガス主任技術者(乙・甲)」や「管工事施工管理技士」の取得が推奨されることが多いようです。

そのほか、「普通第一種圧力容器取扱作業主任者」「高圧ガス製造保安責任者(甲種機械、甲種化学、甲種冷凍)」なども関連資格として挙げられます。

ここで挙げた資格は、独学で十分に取得が目指せるものもあれば、専門性が高く難しいとされているものもあります。

転職を狙う人の場合、難易度の高いものを持っていればかなり有利になることもありますが、資格がなくても実務経験があれば採用されることは多いようです。